FES

STEVE AOKI、DVLMらのプレイに会場大揺れ! 「EDC JAPAN」初日レポート

世界を魅了するビッグフェス「EDC」の日本版「EDC JAPAN 2018」が開催! 今年も豪華アーティストが集結し、2日間で約8万人のオーディエンスが歓喜の渦に。まずは初日の模様をお届け。

序盤から大盛り上がりのkineticFIELD

「EDC JAPAN 2018」序盤から大盛り上がりのkineticFIELD
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

初日5月12日(土)はお日柄もよく、フェス日和。会場には開催を待ちわびたファンが早々に集結(オープン前からスゴイ人!)。そして、ひとたびオープンすると、本家アメリカで使用されているバカでかいモニュメント(幅70m、高さ30m!)がそびえたつkineticFIELDでは豪華アーティストが続々プレイ。

DJ Lで開幕し、続いて登場したPKCZ®はサスガの人気っぷり。しかも、三代目 J Soul Brothersの登坂広臣とCRAZYBOY(三代目J Soul Brothers ELLY)、さらにはCrystal KayとANARCHYがシークレットスペシャルゲストでステージに登場したもんだから、さあ大変。一気に盛り上がるフロアの光景には目を見張るものが。

三代目 J Soul Brothersの登坂広臣とCRAZYBOY(三代目J Soul Brothers ELLY)らがスペシャルゲストとして登場した「EDC JAPAN 2018」PKCZ®のステージ
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

「EDC JAPAN 2018」PKCZ®のスペシャルゲストとして登場した三代目 J Soul Brothersの登坂広臣
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

その後もLOUDPVCK(ラウドパック)にCHRIS LAKE(クリス・レイク)、そしてFLOSSTRADAMUS(フロストラダムス)、ALAN WALKER(アラン・ウォーカー)と豪華リレー。とりわけ、ここ日本でも“Faded”で大人気の新世代スターALAN WALKER(おなじみの口にバンダナスタイルで登場!)は、“Spectre”で幕を開けたものの楽曲とは裏腹の超アグレッシヴなプレイ(当然フロアは大熱狂)。

その合間には“All Falls Down”や“Alone”といった自身の楽曲も織り交ぜ、ラストはやっぱり“Faded”。それにしても、今回は“Faded”の需要の高いこと(リミックスを含め多くのDJがプレイ!)。

「EDC JAPAN 2018」のステージに立つALAN WALKER(アラン・ウォーカー)
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

Alan Walker – Faded

楽しみ方いろいろ、高いエンタメ性はEDCならでは

「EDC JAPAN 2018」ビーチステージcircuitGROUNDS
Photo by INSOMNIAC/JAKE_WEST

一方、ビーチステージcircuitGROUNDSでは、KAYZO(ケイゾー)〜GRYFFIN(グリフィン)〜ILLENIUM(イレニアム)からのラストはDEADMAU5(デッドマウス)。初来日のILLENIUMのエモ&ドープなサウンドにヤラれ、まさかの特設キューブ型ステージが組まれたDEADMAU5は音と映像の超絶リンクに視覚と聴覚がブッ飛びまくり。

目の前には海という絶好のシチュエーションのもと、日差しが差す日中はなんとも気持ちよく、夜になるとその姿は一変。音楽と光の波にもまれ、kineticFIELDとは違った雰囲気がなんとも格別。

「EDC JAPAN 2018」のステージに登場したGRYFFIN(グリフィン)
Photo by INSOMNIAC/JAKE_WEST

「EDC JAPAN 2018」で初来日となったILLENIUM(イレニアム)
Photo by INSOMNIAC/JAKE_WEST

「EDC JAPAN 2018」で特設キューブ型ステージが組まれたDEADMAU5(デッドマウス)
Photo by INSOMNIAC/JAKE_WEST

また、カラフルにデコレートされたneonGARDEN、会場内を駆け巡り随所でパーティー三昧の移動型サウンドシステムboomboxARTCARと、特色のある4つのステージが楽しめるのも「EDC JAPAN」ならでは。

そして、音楽だけでなくターザンのように滑車を滑るZIPLINE(初登場!)や昨年に引き続きボールプールもあったりと、エンターテインメント性の高さもさすがだった。

「EDC JAPAN 2018」でカラフルにデコレートされたステージのneonGARDENPhoto by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

「EDC JAPAN 2018」会場内を駆け巡り随所でパーティー三昧の移動型サウンドシステムboomboxARTCAR
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

「EDC JAPAN 2018」会場内をターザンのように滑車を滑るZIPLINE
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

「EDC JAPAN 2018」会場内に設置されたボールプール
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

DON DIABLO〜STEVE AOKIの胸熱リレー!

「EDC JAPAN 2018」kineticFIELDに登場したDON DIABLO(ドン・ディアブロ)
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

そして、再びメインのkineticFIELD。DON DIABLO(ドン・ディアブロ)は、“What We Started”からの“You Can’t Change Me”、さらには“AnyTime”や“Save A Little Love”などなどフューチャーハウス全開。

超ダンサブル空間にオーディエンスも拍手喝采、みな万歳。そのうえ、次に登場したのはSTEVE AOKI(スティーヴ・アオキ)でこれがまた……。

超ダンサブル空間にオーディエンスも拍手喝采なDON DIABLO(ドン・ディアブロ)のステージ
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

「EDC JAPAN 2018」のステージに登場したSTEVE AOKI(スティーヴ・アオキ)
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

スタートとともに花火が打上がり、会場からは大きなSTEVE AOKIコール。すると、「僕はスティーヴ・アオキで〜す!」と日本語で応え、Vini Vici(ビニ・ビチ)とコラボしたヘヴィチューン“Moshi Moshi”でいきなりのブチ上がり。

しかも、バックの巨大モニュメントの目もアオキだけに青く輝ったりと芸が細かい!

Steve Aoki & Vini Vici – Moshi Moshi ft. Mama Aoki [Official Music Video] (Need For Speed)

トランス(サイケ)〜ラテン、もちろん直球EDMにヒップホップもありの怒濤のセット。それに加えて、STEVE AOKIが相変わらずブースにあがって踊りまくり&煽りまくるものだから(DJしてる時間よりも多かった!?)、オーディエンスも終始ジャンプ。

その破壊力にマリンスタジアムも大揺れ(本当にスゴかった!)。しかも、途中ALAN WALKERやDON DIABLOもステージへ。

そんななか、先日急逝したAvicii(アヴィーチー)を偲ぶ一幕も。ブースのモニターには彼の写真が映し出され、“Fade Into Darkness”をプレイ(今回は会場内にもAviciiのネーム入りのTシャツを着ている人が多かったのも印象的)。

ただ、その直後に“Pika Pika”をかけるあたりがSTEVE AOKIらしさ。みんなでパーティーしてAviciiを追悼しているかのようだった。

初日のラストはDIMITRI VEGAS & LIKE MIKE!

「EDC JAPAN 2018」初日のラストを飾るDIMITRI VEGAS & LIKE MIKE(ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク)
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

とにかくアゲまくりのSTEVE AOKIから間髪おかず、DIMITRI VEGAS & LIKE MIKE(ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク)へ。世界最強の兄弟デュオの登場とともに会場にはレーザーが迸り、スタジアムが光の海に。

そんななか、最初のビッグバンは“The Hum”。そのときのオーディエンスの大合唱たるや……あまりの光景に赤く輝く目をした巨大モミュメントも思わず微笑んでいるよう(な気がした)。

さらには“Ready For Action”へと続き、なんとSTEVE AOKIが再びステージへ。両者がコラボした鉄板“Melody”でセカンドインパクト。その後も容赦ないマッシュアップ&ミックスが続き、3度目の爆発は“Tremor”マッシュアップからの“Crowd Control”。

▽あわせて読みたい!”EDC Japan出演直前! Dimitri Vegas & Like Mike緊急インタビュー!”はコチラから

Dimitri Vegas & Like Mike vs W&W – Crowd Control (Official Music Video)

超満員のオーディエンスが右へ左へと大移動する姿は圧巻(しかも、この後Post Malone(ポスト・マローン)の“Rockstar”を持ってくるあたりもステキ☆)。終盤には“Arcade”、そして最新曲“All I Need”もプレイし、最後までオーディエンスを魅了していた。

「EDC JAPAN 2018」のオーディエンスを魅了するDIMITRI VEGAS & LIKE MIKE(ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク)
Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

とにかく至るところで盛り上がりをみせた初日。なんとその動員数は42,000人。本当にスゴかった!

2日目のレポートもお楽しみに!

2日目のレポートをみる

初日のファッションスナップをみる

Top Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

EVENT INFORMATION

2018年5月12日(土)、13日(日)

開演12:00 / 終了21:00

ZOZOマリンスタジアム & 幕張海浜公園EDC特設会場

TICKET/GA
【TIER 1:12/21(木)正午~】2日通し券 ¥24,000/1日通し券 ¥14,500
【TIER 2】2日通し券 ¥26,000/1日通し券 ¥15,000
【TIER 3】2日通し券 ¥28,000
【TIER 4】2日通し券 ¥29,000
TICKET/VIP
【TIER 1:12/21(木)正午~】2日通し券 ¥60,000/1日通し券 33,000
【TIER 2】2日通し券 ¥65,000/1日通し券 ¥35,000

 

ACT: Above & Beyond, Alan Walker, Alison Wonderland, Anoraak, Baggi, Camelphat, Chris Lake, Deadmau5, Dimitri Vegas & Like Mike, Diplo, Don Diablo, Fisher, Flosstradamus, Gryffin, Illenium, Jai Wolf, Kayzo, Loudpvck, Martin Garrix, Matt Medved, Nghtmre & Slander Present: Gud Vibrations, Party Favor, Paul Woolford, R3hab, Rezz, Salvatore Ganacci, Solardo, Steve Aoki, Tensnake, Vini Vici, W&W, Yousef, PKCZ®とSECRET GUESTS, ELLI ARAKAWA, DJ JUNIOR, DJ L, SAYO YOSHIDA, YAMATO, KEISUKE MATSUOKA, YASUTAKA NAKATA, SHINTARO, CARTA, DJ DARUMA&JOMMY, DSKE, NAOKI SERIZAWA, TAKU-HERO,ALLEN MOCK, ASTEROID, NAKKID, RINALY, TAIGA, WATARU,AMIAYA, CHIMY, DJ FUMINE, MARIA FUJIOKA, UNA + MATCHA, YUNA YABE and more

OFFICIAL SNS

TAG