CLUB

日本初ライヴを前にVirtual Self(Porter Robinson)にインタビュー!

Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)が昨年スタートさせた新プロジェクト、Virtual Self(ヴァーチャル・セルフ)にインタビューを敢行。5月31日(木)の日本初公演を前に、いろいろと話を聞いてみた!

今回初来日公演を披露するPorter Robinson(ポーター・ロビンソン)による新たな音楽プロジェクトVirtual Self(ヴァーチャル・セルフ)

PorterとVirtual Selfの違いとは?

Virtual Self – Ghost Voices (Official Music Video)

──Virtual Selfとはどんなプロジェクトなんですか?

Porter Robinson:“テクノロジー”や“哲学”、“実存”がテーマになっていて、それらは僕が昔から大好きだった2000年代のポップカルチャーから影響を受けたものなんだ。あとは、日本の文化にもすごく影響を受けているよ。そもそもは、僕が好きな時代のテーマを自分の音楽に取り入れたいって思ったんだ。ただ、Virtual Selfはあくまで僕(Porter Robinson)のサイドプロジェクトだね

──Porter RobinsonとVirtual Selfにおける音楽性の違いは?

Porter Robinson:基本的にPorter Robinsonの音楽は感情的で、僕自身との関わりが強い。でも、Virtual Selfは僕がもっと評価されるべきだと思う音楽やデザインをみんなに伝える、ある種ラブレターのようなものかな

VIRTUAL SELF – EON BREAK (Official Music Video)

──Virtual Selfは今回日本初ライヴになりますね。

Porter Robinson:Virtual Selfのスタイルの大部分は、2000年代の日本の感性に影響を受けているから、日本でライヴをすることはすごく重要だと思ってる。むしろ、日本でライヴをしないなんてあり得ないよね。今回だけじゃなく、今後も日本でたくさんライヴをやって、愛と感謝を伝えていきたいと思っているよ

──ズバリ、ライヴの見所は?

Porter Robinson:Virtual SelfのDJセットにおけるひとつの目標として、不思議な音楽にするということがあるんだ。リスナーには“この音は一体どこからきたの? そして、なぜ?”という体験をしてほしい。安心を求めて、馴染みのあるものやお客さんが喜びそうな曲だけをやりたくはない。一部のファンは、Virtual SelfのライヴでPorter Robinsonの曲がかかることを期待していたようだけど、絶対にそれはやらない。Virtual Selfのライヴは、その姿や演出、音楽、感覚を楽しむためのもので、より洗練され、拡張されたものだと思うからさ

Porter Robinsonの最高のパーティーは?

2000年代のトランスやハードコアの影響が色濃く反映されたサウンドで本国マイアミの「Ultra Music Festival」でも会場を大きく沸かした

——今までで最高だったパーティーは?

Porter Robinson:最近だと、マイアミの「Ultra Music Festival」の後に、アンダーグラウンドなクラブでVirtual Selfとして3時間のセットをしたときかな。あのときはすごく楽しくて、このうえない気持ちだったよ。プレイタイムも長かったし、全ての曲を再構築する必要もなかったし。120 BPMから、最終的には500 BPMまでピッチをあげたんだけど、当初お客さんが離れてしまうかなと思ったら誰も帰らなくて。最後までみんな幸せそうな顔をしていて本当に最高だった。これこそがVirtual Selfの理想的なセットだと思ったね

——では、あなたにとって理想のパーティーとは?

Porter Robinson:僕は情熱と挑戦する気持ちが全てだと思うね。自分が好きなことを愛を込めて披露するパフォーマーと、それを受け入れてくれるお客さんがいると魔法が生じるんだ。“これって何なんだ!?”って思わせてくれるものに出会った瞬間って最高だよね。ライヴのときは自分が知っている曲を歌ってほしいけど、DJのときはそうじゃないんだ。僕自身、今までに聴いたことのない曲を聴いて感動したい。でも、それってDJの特徴のひとつでもあるよね。DJはこの世に存在する全ての音楽から曲をセレクトすることができるわけで。個人的には、観客ウケがいい曲ばかりかけるのはせっかくの機会を無駄にしていると思う。僕はみんなの度肝を抜くような曲を探し続けていきたいし、そういう曲だけをプレイしていきたいと思ってる

Virtual Self – Key (Official Music Video)

Virtual Self – Particle Arts (Official Music Video)

——今回の来日で行きたいところはありますか?

Porter Robinson:旅行、温泉に行きたいね。今年、初めて長野に行ったんだけど最高だったよ。ぜひみんなのオススメを教えてほしいね(笑)

——最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

Porter Robinson:いつも本当にありがとう。日本の文化には常に影響され続けてきたから、みんなが僕に興味をもってくれることはすごく感慨深いよ。Virtual Selfは、そんなみんなの僕に対してのイメージを覆すことが意図のひとつでもあるんだ。Virtual Selfに驚いたり、困惑してしまった人がいるかもしれないけど、安心してほしい。僕は僕だから!

VIRTUAL SELF – BBC Radio 1 Annie Mac 5 Minute Minimix

5/31(木)に東京・赤坂マイナビBLITZ赤坂で披露されるPorter Robinson(ポーター・ロビンソン)の新たな世界観をお見逃しなく!

チケットをチェック

▽あわせて読みたい!Virtual Selfに関する他の記事はコチラから

EVENT INFORMATION

Virtual Self – Ghost Voices (Official Music Video)

2018年5月31日(木)

OPEN:18:00

東京・赤坂マイナビBLITZ赤坂

前売¥7,900(1Fスタンディング) ¥8,900(2F指定) ¥18,000(VIP)※各種税込、入場時別途ドリンク代必要

EDM

ACT:Virtual Self

OFFICIAL SNS

TAG