HOT

EDMスターもW杯に夢中!? 日本代表の活躍に驚いたアーティストとは?

現在開催中の2018 FIFA ワールドカップ。日本代表は決勝トーナメントに進出しつつもベルギーに惜敗。そのとき、ベルギー出身のあのアーティストは……。

さらには、日本の活躍に驚くアーティストが。

あのフランス人アーティストが日本代表に……

日本時間7月3日早朝、多くのファンが固唾を飲んで見守っていたであろう2018 FIFA ワールドカップ 決勝トーナメント、日本VSベルギー戦。FIFAランキング3位と格上のベルギー相手に日本代表は2点先取しながらも惜しくも敗北。

そんなベルギーの勝利に喜んでいたのは、ベルギー出身のビッグスターDimitri Vegas(ディミトリ・ヴェガス)。ただ、試合前には「準々決勝に行こうぜ!」と意気揚々とツイートしていたけど、2点先制されたときには内心ヒヤヒヤだったハズ。

また、Lost Frequencies(ロスト・フリクエンシーズ)もベルギー出身。ベルギー代表の愛称“Red Devils”にちなんでこんなツイートを。

ちなみに、ベルギーと言えば「Tomorrowland」の開催国。今年はもうすぐ、7月20日(金)から開催!

一方、日本代表の奮闘に驚くアーティストもいて、それはなんとフランス出身のMartin Solveig(マーティン・ソルベグ)。ベルギー戦の最中、日本の国旗と二点目をとったときの映像とともに“Big in Japan”とツイートしたのだけど、その映像がなんとも微妙で……。

Martin Solveigは母国フランス代表の試合もしっかり観戦。フランスはベスト8まで勝ち残っているだけに、きっと喜んでいるはず。

同じくフランス出身のDJ SNAKE(DJスネイク)は、すでに現地ロシアで試合を観戦済み。公式マスコットのザビワカと撮影したりと満喫した様子。

また、開催地ロシアからはMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)などとコラボしたMatisse & Sadko(マティッス&サドコ)もザビワカと記念撮影。

このほかにも、今回のワールドカップの試合開始前に会場内でかかっている“Split”をThe Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)とともに共作したTiësto(ティエスト)などもちょこちょことワールドカップネタをツイート。大物アーティストたちも注目しているワールドカップ。果たして優勝は? きっとフランスが優勝したら、DJ SNAKEなど喜ぶんだろうな〜。

▽あわせて読みたい!“Don Diabloが選ぶEDMオールスターズ、夢の最強イレブンは…”はコチラから

OFFICIAL SNS

TAG