FES

想像を超える音楽体験、都市型音楽フェスRed Bull Music Festival、今年も開催!

昨年、都内様々な場所で約1ヵ月間にわたりイベントを開催し、大きな話題となった「Red Bull Music Festival」が今年も開催することが決定。

今年は電車がライヴハウスに!?

レッドブルが昨年世界に先駆けて日本で開催した都市型音楽フェスティバル「RED BULL MUSIC FESTIVAL」が今年も開催

これまで世界中で多くの音楽フェスやワークショップなどを行なってきた、音楽との親和性がすこぶる高いレッドブルが新たにスタートした都市型音楽フェス「Red Bull Music Festival」。

昨年、東京で初めて開催され、約1ヵ月にわたって都内で計13ものイベントを実施。数多くのアーティストが参加し、総勢15,000人以上を動員した。その後、ニューヨークやロサンゼルス、パリ、サンパウロ、トロント、イスタンブールなど各地で開催されワールドワイドな展開を見せた「Red Bull Music Festival」が今年も東京で開催決定!

「Red Bull Music Festival」は都内様々な場所で約1ヵ月間にわたり開催される

9月22日(土)から10月12日(金)までの約1ヵ月間、再び都内が「Red Bull Music Festival」に染まることに。

今回は“音楽の解放区”をテーマに11のイベントが開催されるそうだが、そのなかには電車がライヴハウスになったり、日本の文化・カラオケを世界に発信したり、さらには昨年も大好評だった四方からのアーティストライヴ「SOUND JUNCTION」も行なわれる予定だとか。

昨年の「Red Bull Music Festival」ではKICK THE CAN CREWや水曜日のカンパネラ、中田ヤスタカなど様々な人気アクトが出演

「Red Bull Music Festival」ではジャンルや世代の垣根を越えた様々なアクトが出演

昨年はテン年代の日本電子音楽シーンを代表する人気プロデューサーSeihoもプレイ

これまでにない、予想外の場所で名だたるアーティストたちがライヴを繰り広げる異種格闘、想像を超える音楽体験が魅力の「Red Bull Music Festival」。詳細は近日発表とのこと。

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG