FES

【S2O JAPANレポート】大量の水に大興奮! 青空と虹の下でずぶ濡れダンス!

8月4日(土)、5日(日)に開催された「S2O JAPAN」の模様をレポート!

とにかくスゴイ水の量にお客さんも大興奮!

8月4日(土)、5日(日)に東京・お台場S2O ウォーターランド開催されたタイ発の人気フェスティバル「S2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL」

本家タイでは3日間で6万人もの動員を誇る人気フェス「S2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL」が日本初上陸。開催前から大きな話題となっていたが、2日間で来場者はなんと2万人! しかも、今までにない水と音楽のカーニバルにオーディエンスは大熱狂!

日本初開催となった「S2O JAPAN」は2日間で約2万人の来場者を動員

PARTY CHANNELでは事前に実行委員会に取材を行い、いろいろと話を聞いていたものの、実際に会場に行ってみると、それはそれはものスゴイ光景が……。

実行委員会のインタビューをチェック

最大の驚きは、やっぱり圧倒的な水。大量の水がオーディエンスめがけて放たれ、フロアにいる誰もがずぶ濡れに。本家タイから直輸入の専用水かけマシンは実に恐ろしく、その勢いもさることながら水の量がとにかくハンパない。しかも、ステージ前とフロア中央にマシンが設置されていたため、フロア内は逃げ場なし。

「S2O JAPAN」に導入された本家タイから直輸入の専用水かけマシン

「S2O JAPAN」では大量の水がオーディエンスめがけて放たれ、フロアにいる誰もがずぶ濡れに

そんな水量を予想していたのか、会場内には上下水着の女の子がいっぱいで、男子は上半身裸で狂喜乱舞。さらに、水着だけでなくフェイスペイントをしたり、顔にシールを貼ったりと気合入りまくりのお客さんも多く、なおかつペイントブースでボディペイントを楽しむ人もいて、みんなのデコり具合もかなりのもの。これだけでもお客さんの期待度の高さを感じたし、ファッションも既存のフェスとは違った感じで超新鮮。

「S2O JAPAN」では濡れることを想定した上下水着姿の女の子が多く見られた

オシャレな水着姿でダイナミックな水かけと音楽を楽しむ来場者

オシャレな水着姿でダイナミックな水かけと音楽を楽しむ来場者②

昼間は虹が、夜は幻想的に、楽しみ方もいろいろ

当日は快晴で水を浴びるロケーションとしては最適だった「S2O JAPAN」

開催日両日はお日柄もよく……というか、メチャクチャ天気よく、水を浴びるにもホント最適。今回はステージセットもタイから持ってきた本物仕様で、かなり大掛かり。しかも、ステージからは水が放たれるだけでなく、レーザーも完備し、炎が飛び出したりと迫力満点。

水の演出もさることながら巻き上がる炎やライティングの演出も迫力満点

昼間は頭上を飛び交う水の向こうに虹が見え、なんともハッピーな空間ができあがり、夜には水+光+炎の演出でなんとも幻想的な雰囲気に(とはいえ、みんな濡れまくりなんだけど)。そんな世界観もまた他のフェスでは体験できない「S2O JAPAN」ならではのもの。

夜には水+光+炎の演出でなんとも幻想的な雰囲気に

音楽面も、初日はBREATHE CAROLINA(ブリーズ・キャロライナ)にDYRO(ダイロ)、TUJAMO(トゥジャモ)、さらにはQUINTINO(クインティーノ)と豪華リレー。トリのDEORRO(デオロ)も最後までオーディエンスを盛り上げていた。

 

🇯🇵 T O K Y O 🇯🇵 📸: @jazzybeatz_pho

Dyroさん(@dyro)がシェアした投稿 –

ありがとうございます日本 ❤️ @s2ojapan [📸@isseyongty]

QUINTINOさん(@quintino)がシェアした投稿 –

幻想的な雰囲気のなか大量の放水もあいまってカオスな空間が出来上がっていた

そして、2日目もYVES V(イヴ・ウィー)にSICK INDIVIDUALS(シック・インディヴィデュアルズ)、ALOK(アロック)。なかでもSICK INDIVIDUALSのアフレッシヴなプレイにフロアも熱狂。日射しが照りつける中で、水を浴びながら踊る気持ち良さをみんな大いに感じていたハズ。

 

O que foi isso no Japão? 😱😱🔥🔥 Love u Japan!! ❤️🇯🇵 – Arigatô

Alokさん(@alok)がシェアした投稿 –

その後もKREWELLA(クルーウェラ)のステージもパワフルだったし、大トリのKSHMR(カシミア)は相変わらず独創的で、幻想的な雰囲気のなか大量の放水もあいまってかなりカオス。

とにかく大量の水が会場に放たれ異様な光景が広がっていた「S2O JAPAN」

とにかく盛り上がりがハンパなかった「S2O JAPAN」。フロア以外にもエントランスにあった大型のフォトブースもインスタ映え満点で連日長蛇の列が(トゥクトゥクがあったり)。その他にもトランポリンがあったりして、楽しみ方いろいろ。また、「S2O JAPAN」がタイ発祥ということで、フードもタイのご飯が多く、それがまた美味しくて、一日いても飽きさせない。

まさに夏にもってこいの「S2O JAPAN」。今後も継続していくそうなので、来年も楽しみ!

今までになかった水と音楽の演出で数多くの来場者を動員した「S2O JAPAN」

「S2O JAPAN」は今後も継続していくそうなので来年にも期待がかかる

スナップ特集をチェック

EVENT INFORMATION

S2O JAPAN TVC FULL LINE UP

2018年8月4日(土)、5日(日)

OPEN:12:00

東京・お台場S2O ウォーターランド

前売(1日券)¥14,000 (VIP1日券)¥30,000

EDM, HOUSE, TECHNO

ACT:ALOK, BOTCASH, BREATHE CAROLINA, DEORRO, DYRO, KREWELLA, KSHMR, QUINTINO, SICK INDIVIDUALS, TUJAMO, YVES V and more

OFFICIAL SNS

TAG