FES

開催間近のULTRA JAPAN、注目出演者のプレイガイド【#2 AxwellΛIngrosso】

9月15日(土)〜17日(月・祝)に開催の「ULTRA JAPAN 2018」、注目の出演者紹介第二弾は初日のトリをつとめるAxwellΛIngrosso(アクスウェル・イングロッソ)!

▽あわせて読みたい!“「ULTRA JAPAN 2018」のアーティスト特集”に関する記事はコチラ

AxwellΛIngrossoのアンセムをプレイバック!

今年のマイアミ「Ultra Music Festival」ではSwedish House Mafia(スウェディッシュ・ハウス・マフィア)のリユニオンで話題をさらいまくったAxwellΛIngrossoだけど、それこそ記念すべき「ULTRA JAPAN」の第一回(2014年)に大トリを飾ったのが彼ら。今回は、それ以来の出演となるだけに期待は大・大・大!

それに、なんといってもAxwellΛIngrossoの曲はZEDD(ゼッド)同様、みんなで歌えるものも多いため、ぜひ歌詞も覚えて会場へ。

そんなAxwellΛIngrossoの最近のセットを見てみると、まずは最新曲“Dancing Alone”はやっぱりヘビープレイ中。しかも、その前には“More Than You Know”がかかることが多いので一緒にチェック!

一方、セットの1発目で多いのが“Sun Is Shining”で、最初はアカペラでかけつつも後半しっかり……というのが常套手段、というかよくあるところ。そして、アカペラの後に“How Do You Feel Right Now”の確率高し。

そして、どこのフェスでも盛り上がりまくりのマッシュアップが“Dream Bigger”とSwedish House Mafiaの“One (Your Name)”。これはヤバ過ぎ、今回もひとたびかかれば大熱狂間違いなし!

なお、Swedish House Mafiaの楽曲も結構プレイしているので、このあたりもチェックしていくといいかも。どれも今なお輝かしい名曲ばかりだし。

AxwellΛIngrossoはまだまだヒット曲いっぱい。今年発表した“Dreamer”や“On My Way”、“I Love You”は様々なフェスでマッシュアップ!

最後にオマケでIngrossoことSebastian Ingrosso(セバスチャン・イングロッソ)の楽曲も。これまたアンセム!

「ULTRA JAPAN 2018」初日のMAIN STAGEは、Jonas Blue(ジョナス・ブルー)〜Oliver Heldens(オリヴァー・ヘルデンス)〜GALANTIS(ギャランティス)と続いてのAxwellΛIngrosso。1日目からホントにヤバイ!

9月15日(土)〜17日(月・祝)に開催の「ULTRA JAPAN 2018」注目の出演者紹介第二弾は初日のトリをつとめるAxwellΛIngrosso(アクスウェル・イングロッソ)

チケットはコチラ!

EVENT INFORMATION

2018年9月15日(土)〜17日(月・祝)

OPEN:11:00

東京・TOKYO ODAIBA ULTRA PARK

前売(3DAY)¥42,000 (2DAY)¥29,000 (1DAY)¥15,000 (VIP:
1DAY)¥30,000

EDM, HOUSE, TECHNO

ACT:Afrojack, Armin van Buuren, Axwell Λ Ingrosso, DJ Snake, Galantis, John Digweed B2B Nicole Moudaber, Nicky Romero, Nina Kraviz, Steve Angello, Sven Väth, Tchami x Malaa: No Redemption, Zedd, Butch, Carl Craig, Cash Cash, Eats Everything, Jackmaster, Jonas Blue, Nastia, Oliver Heldens, Popof, Alyn, Drunken Kong, Goldfish + Blink, Joon Kwak, Junior & Kyle, Justin Oh, Kaiser Waldon, Ken Ishii, Ksuke, DJ Lead, Osamu M, Raiden, Ren Yokoi, DJ Sodeyama, Takkyu Ishino, TeddyLoid, Tim Thail, TJO, USEA, Tamato, Yasutaka Nakata, DJ Yogurt and more

OFFICIAL SNS

TAG