MUSIC

次世代テクノシーンのニューアイコン、Yuri Uranoが世界デビュー

ダンスミュージックに特化した複合イベント「Tokyo Dance Music Event(以下TDME)」をご存知だろうか?世界各国の音楽業界に関わる人々が東京に集結し、ダンスミュージックを世界と日本国内へ発信する、言わば日本最大の複合型イベント。

その注目のビッグイベントにて、次世代エレクトロニック・クリエイターを対象としたオーディションが開催されたんだけど、見事グランプリを獲得した“とある女性”が、なんと今年ワールドデビューを果たすことに!

グランプリ獲得から華々しくワールドデビューを遂げる注目のシンデレラガールとは一体? PartyChannelでは、その大型新人の生い立ちと、世界デビュー作品についてご紹介。

美と実力を兼ね備えた大阪のブライテストホープ登場

インダストリアルなテクノサウンドと自身の声や自然音をブリコラージュさせた独特の世界観を武器に注目が集まる新悦女性プロデューサーYuri Urano

大阪を拠点に、日本国内のみならずドイツやイギリスなど海外でも活躍の場を広げる注目の次世代新悦女性プロデューサー、Yuri Urano。彼女が、2018年9月28日(金)に、イギリスの人気テクノ / エレクトロニカレーベルCPU Recordsよりデビューシングル『Autline』をリリースすることに!

彼女が今回リリースするレーベルCPU Recordsは、これまでDMX Krew(DMX・クルー)をはじめテクノシーンで名を馳せる世界的人気アーティストの作品をリリース。因みに、日本人としてリリースするのはYuri Uranoが初めて!

因みにワールドデビューを果たす9月28日(金)に、自身のレーベルYLからも第1弾シングル『Reed』を同時リリースするのでこちらも要チェックだ。

数々のテクノレジェンドたちと競演を果たす彼女の正体とは?

そもそもYuri Uranoとは、一体どんな人物なのだろう?

彼女は、90年代にヒットしたJ-POPの女性シンガーに憧れ、もともとは歌手になることを夢見て専門学校に進学。作曲の勉強をはじめるんだけど、ライブ活動をするなかで様々な音楽と邂逅。テクノやエレクトロニカをはじめとした色んなジャンルの音楽を知り、現在のサウンドを構築していった。

さらには、イギリスやドイツなど海外レーベルのサウンドにも大きく影響を受けていて、自らヨーロッパへ足を運び(!)ヨーロッパのクラブシーンを体感。海外でのフィールドワークを経て徐々に独自の世界観を作り上げていき、現在のインダストリアル・テクノのディープなサウンドに自身の声や自然の音をブリコラージュさせた独特の世界観を確立。現在では、Ken IshiiKihira Naokiら国内アーティストから、System7(システム・セブン)やFrancois K.(フランソワ・K)、Darren Emerson(ダレン・エマーソン)といった世界的アーティストたちと競演するほど実力をもっている。

System7(システム・セブン)やFrancois K.(フランソワ・K)、Darren Emerson(ダレン・エマーソン)といった世界的アーティストたちとも競演

そしてなんといっても彼女のキュートなルックス! 実は、彼女は音楽活動と平行してフリーのモデルとしても活躍。“面白いと思うことは何でもチャレンジ ”という、いろんな刺激を自身のサウンドに転換していくスタイルは、サウンドのみならず彼女自身が常に進化し続けていることへつながっているように感じるね。今後の多角的な活動にも期待だ。

なお、10月2日(火)には、東京・渋谷のライブストリーミングチャンネル/スタジオ「DOMMUNE」でYuri Uranoがライブを披露。CPU RecordsレーベルオーナーのCPSmithも出演するのでテクノ / エレクトロニカファンは要チェック!

Yuri Uranoオフィシャルサイトをチェック

イギリスの人気テクノ / エレクトロニカレーベルCPU Recordsよりリリースされるデビューシングル『Autline』

OFFICIAL SNS

TAG