TECHNIQUE

今さら聴けない、気になるあのヒト〜Diplo〜

今のシーンを代表するキーパーソンを改めてじっくり紹介していくこのコーナー。

記念すべき第一回に取り上げるのはダンスミュージック・シーンの流行発信源とも言うべき超人気プロデューサー・DJ、Diplo。彼が作り出すサウンドがシーンに大きな影響すると言っても過言ではない!

Diploとは何者?

ph_-whats-diplo_02

Diploは1978年生まれ(今年で38歳)。アメリカ出身でフィラデルフィアを拠点に活躍するプロデューサー&DJ。2003年から音楽活動を始め、当時DJ Low Budgetとともに開催していたパーティ「Hollertronix」ではエレクトロやヒップホップ、さらにはボルチモア・ブレイクスなど先進的なサウンドをミックスし大きな話題に。

「Hollertronix」時代の貴重なミックスがコチラ!

DIPLO & LOWBUDGET are HOLLERTRONIX – NEVER SCARED

そして、2004年にはデビューアルバム「Florida」を発表したのだが、彼の名前を一躍世界に知らしめたのはM.I.A.のプロデュース。世界中の様々なビート、いろいろなジャンルのサウンドを取り入れた先鋭的なサウンドは世界中から賞賛され、すぐさまブレイク。そして、その後もSpank RockやSantigold、Bonde Do Rolêなどエッジーなアーティストをフックアップし、バイレ・ファンキをはじめ様々なサウンドのムーブメントを巻き起こす。ちなみに、一時期DiploとM.I.A.が恋人同士だったというのは有名な話で、破局後2010年にDiploは彼女のプロデューサーから離れたが、今年再び彼女をプロデュースしたことが話題に。

M.I.A. – Bird Song (Diplo Remix/Audio)

その他にも2012年にはBaauerの“Harlem Shake”が大ヒット。その斬新なサウンドは社会現象にもなったが、その後もトラップ、トワークといったサウンドでEDMシーンでも活躍。そしてダンスミュージック系のアーティストだけでなく、MadonnaやBeyoncé、Justin Bieberといったメジャーをも手掛ける超売れっ子プロデューサーとなっている。

Baauer – Harlem Shake [Official Audio]

Diploが主宰するレーベルMad Decent

ph_-whats-diplo_03

M.I.A.との出会いで一躍名を馳せたDiploだが、2005年にはレーベルMad Decentを設立。トレンドセッターのDiploさながら、同レーベルからは新たな才能を続々と開花させ、現在のダンスミュージック・シーンでも最重要レーベルとして注目を集めている。最近ではトラップ、トワークをはじめとするフレッシュなサウンドを続々提供しつつ、DJ SNAKEやDillon Francis、Yellow Clawといった今をときめくアーティストを輩出。そして、今年の「ULTRA JAPAN」にも出演していたJauzをはじめ現在も40組以上の逸材が所属し、次なるスターがたくさん控えているだけに今後の動向も要チェックだ。さらに、Mad Decentは音源のリリースだけでなくワールドツアーも開催し、そのうえ世界最高峰のフェス「Tomorrowland」でもMad Decentステージが設けられるなど、その注目度は増すばかり。

Mad DecentからリリースのDiploがDimitri Vegas & Like Mikeとコラボした新曲をチェック!

Dimitri Vegas & Like Mike & Diplo – Hey Baby (feat. Deb’s Daughter) [Official Full Stream]

Diplo が最も力を注ぐMajor Lazer

ph_-whats-diplo_04

プロデューサー、レーベルオーナーとしてもスゴいが、アーティストとしてもDiploは大活躍!ソロでもDJとして世界中でプレイし、イギリスのメディアDJ MAGが発表している世界人気DJランキング「Top 100 DJs 2016」では23位にランクイン。しかし、彼が自身の活動の中で最も力を入れているのがMajor Lazerだ。当初、彼と同じくM.I.A.のプロデューサーをつとめていたDJ Switchと2009年に結成。しかし、2011年にDJ Switchが脱退し、その後The JillionaireとWalshy Fireが加入。結成当初からダンスミュージックにダンスホールレゲエをシャッフルしたオリジナルのサウンドを展開しシーンを席巻。アメコミ風のビジュアルとともに、デビュー以来数多くのヒット曲を生み出すなか、昨年はDJ SNAKEとの“Lean On feat. MØ”が大ヒット!ビルボード誌のダンス/エレクトロニック・ソングチャートで1位を獲得し、今話題のSpotifyでは当時の最多再生記録を樹立。ダンスミュージック・シーンだけでなくポップシーンでも話題となり、YouTubeの再生回数はなんと17億回越えというとてつもない記録を打ち立てた(しかも、まだまだ躍進中!)。

Major Lazer & DJ Snake – Lean On (feat. MØ) (Official Music Video)MØ

スーパースター夢のタッグ、JACK U

ph_-whats-diplo_05

Major Lazerだけでもスゴいのに、Diploは2013年にはSkrillexとともにJACK Uを結成。SkrillexもまたEDMシーンを代表するトップ・アーティストで、常に新しいサウンドを創造し続ける開拓者。そんなスーパースター同士が手を組んだだけに当初から話題を集め、同年にMad Decentのパーティ、そして翌年にはマイアミで開催されているビッグフェス「Ultra Music Festival」に出演。当然ながら大きな盛り上がりをみせた。JACK Uの音楽性はベースミュージック、トラップ、トワークなど様々なサウンドが混在しつつ、オリジナリティに溢れているのが魅力。2015年にはファーストアルバム「Skrillex and Diplo present Jack U」を発表し、その収録曲Justin Bieberとコラボした“Where Are U Now”はダブルプラチナの大ヒット。さらには、今年の第58回グラミー賞ではベストダンス/エレクトロニックアルバムとベストダンスレコーディングの2部門を受賞。ちなみに、グラミー賞受賞にあたって彼は“Lean On feat. MØ”がノミネートされればよかったとこぼしていたとか。

Skrillex and Diplo – “Where Are Ü Now” with Justin Bieber (Official Video)

そんなDiploのプライベートは……

ph_-whats-diplo_06

ここまでDiploについていろいろと紹介し、一流のプロデューサーであることはわかってもらえたと思うが、実はプライベートではこんな一面も。M.I.A.と付き合っていたことはすでに伝えたが、その後はキャサリン・ロックハートとの間に子どもを作り、さらには世界の歌姫Katy Perryとも熱愛。すると、Katyのライバルと言われていたTaylor SwiftをSNSなどで口撃するなど実は結構やんちゃなDiploだが、そこはスーパースターならではのご愛嬌。そして、そんなDiploは2017年1月には「electrox(エレクトロックス)」で来日決定!

「electrox 2017」
1月7日(土)@千葉・幕張メッセ
ACT:DIPLO, CLEAN BANDIT, DON DIABLO, KREWELLA, MIJA, YELLOW CLAW and more
OPEN:13:00 前売りチケット¥12,000  PLATINUM TICKET¥24,000
MUSIC……EDM

公式サイトでチェック

チケットをチェック!

OFFICIAL SNS

TAG