HOT

トロピカルハウス界のスターKYGOの多彩な魅力が詰まった来日公演レポート

10月27日(土)にさいたまスーパーアリーナで開催されたKYGO(カイゴ)の来日公演の模様をレポート。

▽あわせて読みたい!“トロピカルスターKYGOのアンセムをチェック!”の記事はコチラ

KYGOの魅力にみんなメロメロ!

トロピカルハウス界のスーパースターKYGO(カイゴ)

国内でも海のない県として有名なさいたまが、この日ばかりはトロピカリーに……。

トロピカルハウス界のスーパースターKYGOの初の単独来日公演がさいたまスーパーアリーナで開催された。この日はKYGOだけでなく、スペシャルゲストにはDon Diablo(ドン・ディアブロ)らも登場となんとも豪華。会場には15000人ものオーディエンスが集結し、大きな盛り上がりをみせた。

10月27日(土)にさいたまスーパーアリーナで開催されたKYGO(カイゴ)の来日公演

この日の主役、KYGOはイントロから今年リリースされたばかりのImagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ)とのコラボ曲“Born To Be Yours”で幕開け。と同時に会場のテンションも最高潮(みんなこのときを待ってた感じ!)。

今回は約2時間にも及ぶ(日本では最長!)のセットだったけど、序盤はダンサブルな展開でAvicii(アヴィーチー)の“Without You”などプレイ(涙するお客さんもチラホラ、SNSでは“まるでAviciiのライヴにいるような光景だった”というツイートも)。

トロピカルハウス界のスーパースターKYGO(カイゴ)の初単独公演は今年リリースされたばかりのImagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ)とのコラボ曲“Born To Be Yours”で幕開け

その後、Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)との“First Time”や“Carry Me”、“Stay”といったアンセムを続々と投入し、フロアをKYGO色に染め上げる。一方、オーディエンスも携帯のライトで応え、会場全体が光の包まれるステキな空間に。

ゲストのJustin Jesso(ジャスティン・ジェッソ)が登場し“Stargazing”などの名曲を披露

途中、ゲストのJustin Jesso(ジャスティン・ジェッソ)が登場しての“Stargazing”やBonnie McKee(ボニー・マッキー)、そして“Happy Now”(前日にリリースされたばかり!)をSandro Cavazza(サンドロ・カヴァッザ)とともに披露。

終盤には“Kids In Love”やSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)との“It Ain’t Me”も飛び出し、ラストはKYGOのピアノと弦楽演奏、さらにはJustin Jessoが再び現れ、名曲“Firestone”を熱唱し大円団。

トロピカルハウスだけにとどまらない多彩なサウンドで最後まで大観衆を魅了していたKYGO(カイゴ)

トロピカルハウスだけにとどまらない多彩なサウンドで最後まで大観衆を魅了していたKYGO。ぜひまたその姿を日本でも見たい!

Photo:© Masanori Naruse

EVENT INFORMATION

2018年10月27日(土)

OPEN:15:00

埼玉・さいたまスーパーアリーナ

前売¥9,000(アリーナ・スタンド自由) GOLDチケット¥16,000

EDM, Tropical House

ACT:KYGO, DON DIABLO, JUSTIN JESSO, Sandro Cavazza, TJO

OFFICIAL SNS

TAG