PICKUP PARTY

【PARTY Pick up】開催間近!UNDERWORLDキャリア初の日本武道館公演

今年の3月にニューアルバム「Barbara Barbara, we face a shining future」をリリースし、なんと「ミュージックステーション」に出演!夏には「SUMMER SONIC 2016」のヘッドライナーをつとめた世界的ユニットUNDERWORLD。彼らが再び来日!しかも、過去の来日では2万人以上を動員してきた彼らが今回ライヴを行う舞台は、日本音楽シーンの聖地・日本武道館(UNDERWORLDとしては初!)。開催が間近に迫ったその歴史的公演をピックアップ!

オリンピックの音楽を手掛けた世界的ユニットUNDERWORLD

ph_-pick-up-party_1107_02

1980年代に結成し、“Rez”や“Born Slippy”、“Two Months Off”など数多くのヒット曲を生み出してきたイギリスのユニットUNDERWORLD。現在のメンバーはKarl HydeとRick Smithの2人だが、過去には人気DJ・Darren Emersonも在籍。

今年の「SUMMER SONIC」でのパフォーマンスをチェック!

Underworld – Born Slippy (Nuxx) at Summer Sonic 2016

彼らのサウンドは、ダンスミュージック・シーンはもちろんポップ・シーンをも席巻していて、たとえば代表曲“Born Slippy”は映画「トレインスポッティング」に使用され世界中で大ヒット。彼らの母国イギリスではUKシングルチャート2位、英国内だけで75万枚以上のセールスを記録した。そして様々なフェスにも出演し、世界中で愛されているUNDERWORLDだが、その他にもこれまでに数々の映画音楽を手掛け、さらにKarlとRickの2人は世界的デザイン集団TOMATOのメンバーとしても活躍。UNDERWORLDのアルバムのデザインやミュージックビデオはもちろんのこと、TOMATOはソニーのCIやテレビ朝日のロゴなども手掛け、世界のデザインを牽引している存在でもある(なお、TOMATOは今年3月に渋谷で活動25周年エキシビジョンを開催し大盛況)。

音楽〜デザインまで幅広く活躍している彼らだが、その30年以上に及ぶキャリアの中で最も世界にその名を知らしめたのは2012年。彼らはなんと地元イギリス・ロンドンで開催された世界的祭典「オリンピック」の開会式の音楽を担当。ダンスミュージック系のアーティストがオリンピックの音楽監督をつとめるのは史上初のことで当時世界中で大きな話題に。

ちなみにUNDERWORLDは日本との関わりも深く、彼らはすごく親日家。2011年の東日本大震災の際には、当時多くの海外アーティストが来日をキャンセルするなか、Karl Hydeは日本を元気付けるべく急遽来日しパフォーマンスを披露。そんな優しさ&男気溢れるユニットでもある。

UNDERWORLDの代表曲&最新楽曲をチェック!

ph_-pick-up-party_1107_03

開催が間近に迫ったUNDERWORLDの日本武道館公演。ここでは、その公演に先駆け彼らの代表曲と最新楽曲を紹介。これさえチェックしておけば、当日はより楽しめること間違いなし!

Underworld – Born Slippy (Nuxx)

Underworld – Rez

Underworld – Cowgirl

Underworld – Two Months Off

購入はこちら

こちらは最新アルバム「Barbara Barbara, we face a shining future」から!

Underworld – I Exhale

Underworld – If Rah

購入はこちら

会場内ではUNDERWORLDのオリジナルグッズが販売!

なお、今回の日本武道館公演当日は会場内でオリジナルグッズも販売。新たに制作されたロゴパーカーをはじめ、オリジナルトートバッグに「SUMMER SONIC 2016」の会場でも売り切れになったバックプリント付ロゴ・Tシャツの他、様々なグッズが販売される。これはファンならずとも要チェック!

ph_-pick-up-party_1107_04

「UNDERWORLD LIVE AT THE BUDOKAN」
11月9日(水)@東京・日本武道館
ACT:UNDERWORLD
OPEN:18:00  指定席¥9,000
MUSIC……TECHNO and more

最新のトレーラー映像をチェック!

Underworld: Be Bold, Be Beautiful

チケットをチェック!

OFFICIAL SNS

TAG