MUSIC

知らなきゃヤバい!YouTube再生回数10億回越えの超ヒット

いまの時代、音楽界におけるヒットのひとつの目安となっているのがYouTubeでのミュージックビデオ(MV)の再生回数。
ちなみに、ただいま全世界で話題のピコ太郎“PPAP”が12月2日現在約9千万回。1億回に届けばそれはもうスゴいことだけど、EDMシーンではその10倍、10億回以上のヒット曲もある。今回はそんなスーパーヒットチューンをまとめて紹介!

Justin Bieber“Sorry”

Justin Bieber – Sorry (PURPOSE : The Movement)

若くして成功しつつ、その後は“お騒がせ王子”路線まっしぐら。音楽面ではすこぶるポテンシャルの高さを見せつけながらも、何かとトラブルを巻き起こしてきた(過去には逮捕されたことも……)Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)22歳。ただ、2015年発表のJack U(ジャックU)“Where Are U Now”に参加して以降は、EDMシーンともがっつりで新たなファン層を獲得し再び音楽界を席巻。昨年リリースしたアルバム「Purpose」が大ヒットしたのも記憶に新しいところ。この曲“Sorry”は、そんなアルバムに先駆けリリースされ、Skrillex(スクリレックス)が参加していたことでも大きな話題に。楽曲は今年の夏に日本でもブレイクしたトロピカルハウスをフィーチャーしたもので、いち早く旬なサウンドを取り入れ、自分のものにしているのはさすがJustin。2015年10月にYouTubeにMVがアップされ、現在12月2日時点の再生回数はなんと約20億回以上という恐ろしい数字を記録。ちなみにこのちょっと前、同年8月にアップされた“What Do You Mean?”も約13億7千万再生と驚異的。いまやYouTubeでは天下無双状態。そんなJustinは今年もピコ太郎をフックアップするなど、話題を振りまいていたが、次はどんなサウンドを見せてくれるのか楽しみ。

Justin Bieber – What Do You Mean?

Major Lazer & DJ Snake“Lean On (feat. MØ)”

Major Lazer & DJ Snake – Lean On (feat. MØ) (Official Music Video)

2015年ダンスミュージック界最大のヒットと言えば、この曲“Lean On”。インド風のテイストを取り入れたその新感覚のサウンドは聴けば聴くほどクセになり、2015年3月にYouTubeにアップされたMVは現在約17億5千万再生を突破。さらに、Spotifyでは当時の最多再生記録を塗り替え、世界中のビッグフェスでも軒並みヘビープレイ。セールス的にもアメリカ・ビルボードのダンス/エレクトロニックソング ・ウィークリーチャート1位&23週連続チャートインするなど世紀のスーパーアンセムとなった。ちなみに、Diplo (ディプロ)率いるMajor Lazer(メジャー・レイザー)は、今年“Lean On”に参加したMØと、先に紹介したJustin Bieberをフィーチャーした楽曲“Cold Water”を発表。こちらもまた約4カ月半で4億9千万再生と5億越えは時間の問題。

Major Lazer – Cold Water (feat. Justin Bieber & MØ) (Official Lyric Video)

Avicii“Wake Me Up”

Avicii – Wake Me Up (Official Video)

今年3月に年内でDJ&ライヴ活動から引退することを発表。そのため6月の来日公演が最初で最後の日本でのステージとなってしまったAvicii(アヴィーチー)。なんとも残念な話だけど、音楽活動は行っていくようなのでそちらを楽しみにしたいところ。そんな彼のスーパーヒット曲“Wake Me Up”もまたYouTubeでの再生回数は10億回越え。EDM×カントリーという新しくもポップ感のあるサウンドは、親しみやすく万人受けすること間違いなしで、EDMシーンでも他とは違った魅力を振りまいた。この曲の他にも“Waiting For Love”、“Hey Brother”が約2億7千万回。“Levels”も約2億5千万再生と、彼もまた億越えMV多数。

Avicii – Waiting For Love

Calvin Harris“This Is What You Came For ft. Rihanna”

Calvin Harris – This Is What You Came For (Official Video) ft. Rihanna

世界中のDJの中で今最も稼いでいる男Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)。アメリカの経済誌ForbesによるDJ長者番付では3年連続で1位を獲得し、今年はの稼ぎはなんと6300万ドル、日本円にして約72億円というのだからスゴい。それだけにヒット曲も盛りだくさんで毎年のようにアンセムを生み出しているが、この曲はなんと今年6月にYouTubeにアップし、半年をたたずして10億再生越えという恐ろしさ。Calvin HarrisとRihanna(リアーナ)というビッグネームの共演再びというのも大きな話題になったが、もちろん曲自体もまた素敵で、前作“How Deep Is Your Love”に続くクールなハウス路線。そんな“How Deep Is Your Love”も約8億6千万回、そして“Summer”も約10億回再生と、さすがCalvin。YouTubeでもまさに長者。

OFFICIAL SNS

TAG