FES

あの興奮再び、EDC JAPANが2018年も開催決定!

今年、日本初上陸を果たした「EDC JAPAN」が2018年も開催されることが明らかに。その詳細は……。

▽あわせて読みたい!「EDC」に関するレポートや注目アーティスト、スナップ特集など過去の記事はコチラからチェック

超ド級! 今年のラインナップをプレイバック

早くも2018年も開催が決定した「EDC」
Ivan Meneses for Insomniac

ULTRA JAPAN」が終わったと思ったら、その翌日には「EDC JAPAN」のFacebookに驚きの投稿が。

なんと、そこには“See YOU Soon!”というコメントともに「EDC JAPAN 2018」の映像が!


これすなわち、やるってこと、来年も、EDCが!!!

今年4月(GW)にお台場にて開催された「EDC JAPAN」。日本初上陸となった、EDCおなじみのフクロウのステージkineticCATHEDRAL(ケネティック・カテドラル)はその大きさなんと横約75m、高さ約30m。あれにはみんなおったまげたわけだけど、それとともにラインナップもスゴすぎンゴ。

2日間に渡って開催されたなか、初日にはMARTIN GARRIX(マーティン・ギャリックス)にKASKADE(カスケイド)、MARSHMELLO(マシュメロ)、さらにはGALANTIS(ギャランティス)にFATBOY SLIM(ファットボーイ・スリム)らが登場。

そして、2日目にはJAUZ(ジョーズ)、CARNAGE(カーネイジ)、KNIFE PARTY(ナイフ・パーティー)、さらにはYELLOW CLAW(イエロー・クロウ)にAFROJACK(アフロジャック)、ARMIN VAN BUUREN(アーミン・ヴァン・ブーレン)、大トリはAXWELLΛINGROSSO(アクスウェル・イングロッソ)にZEDD(ゼッド)という超豪華布陣で、2日間で合計8万4千人が大熱狂。

そんな「EDC JAPAN」が再び!ただし、残念ながら詳細はまだ。

とはいえ、早くも来年の楽しみ!

OFFICIAL SNS

TAG