HOT

Afrojackはやっぱりスゴイ! 来日前に代表曲を改めてチェック!

いよいよ来日が迫るAfrojack(アフロジャック)。その輝かしきキャリアをプレイバック&彼の代表曲をたっぷりお届け!

出世作は“Take Over Control”

Afrojack ft. Eva Simons – Take Over Control (Official Music Video) [HD]

Afrojackと言えば、もはやEDMファンにとっては欠かせない存在。たびたび日本にも来日し、その都度大熱狂間違いナシのみんな大好きスーパースター。

そんな彼が、今回は記念すべき新木場ageHaの15周年アニヴァーサリーと長崎・ハウステンボスで開催される「Hanniball Halloween Music Festival 2017」に出演。そこで改めて彼のスゴさを振り返りつつ、代表曲の数々を一挙に紹介!

そもそもAfrojackはオランダ出身、今年で30歳。やはり幼いころから音楽に親しんできたようで、10代のころから地元のクラブで働いていたとか。

そんな彼が頭角を現すきっかけとなったのが、2010年に発表した“Take Over Control”。この曲のビッグヒットによってシーンに台頭し、その後も続々とヒットを量産。そして、一躍EDM界きってのアーティストへ。

Afrojack – As Your Friend ft. Chris Brown

Pitbull – Give Me Everything ft. Ne-Yo, Afrojack, Nayer

その後、Madonna(マドンナ)やChris Brown(クリス・ブラウン)、Pitbull(ピットブル)、NE-YO(ニーヨ)といった世界的アーティストたちと共演すると同時に、数多くのリミックスも制作。

なかでもDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)とリミックスしたMadonnaの“Revolver”は2011年にグラミー賞ベスト・リミックス・レコーディングを受賞!

ちなみに、彼は日本との関係も深く、現在はEXILE擁するLDHとマネージメント契約をしていて、昨年は三代目 J Soul Brothersの曲もプロデュース(ミュージックビデオには本人も出演!)。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / Summer Madness feat. Afrojack

DJとしても超一流、世界中のフェスで大活躍!

AFROJACK – LIVE @ TOMORROWLAND 2017

プロデューサーとしてだけでなく、DJとしての腕前もハンパなく、それこそおなじみDJ MAGのランキング「TOP 100 DJs」では、2010年に初登場19位を記録し(コレはコレでスゴい!)、翌年には一気に7位とトップ10入り。

以降、2012年、2013年は9位、2014年は12位とトップ10を逃しながらも、翌年2015年には8位、昨年も10位と常に上位をキープ。まさに、世界的DJと言って過言なし。

Afrojack – Live @ Ultra Music Festival Miami 2017

当然、ビッグフェスにも引っぱりだこで、「Tomorrowland」に「EDC」に「Ultra Music Festival」には軒並み出演。残念ながら今年の「ULTRA JAPAN」には参加しなかったけど、最近では10月6日〜7日に開催された「Ultra Mexico」にヘッドライナーとして参戦。

彼のスゴさはプロデュース&DJ、どちらも常に進化していくその姿勢。新しいサウンドに貪欲で、それはヒット曲の数々&彼のDJセットからも十分に感じるところ。

ぜひとも来日前に今年の「Tomorrowland」とマイアミ「Ultra Music Festival」のプレイムービーをチェックしておくべし。彼のプレイがより楽しめるハズ。

当然年収もとんでもないわけで……

SPECIAL ATEAM ANNOUNCEMENT | AFROVLOG #21

作ってよし、プレイしてよしの世界的スーパースターともなれば当然稼ぎもスゴいわけで、それこそプライベートジェットは当たり前(日本でも自家用機で来ることも)。

その年収はというと……2014年のフォーブス誌のランキングによると、その額2200万ドル(当時の金額で約23億円)。そして、2016年8月に発表されたランキングでは1500万ドル。金額は下がったけれども、それでも……。

そんなスーパースターだけにやっぱりモテモテ。過去にはあのParis Hilton(パリス・ヒルトン)とも付き合っていたとかいないとか。

上記の映像「SPECIAL ATEAM ANNOUNCEMENT | AFROVLOG #21」では、彼のプライベートが少しだけ(プライベートジェット的なものも!)公開されているので、ぜひご覧あれ。

やっぱりスゴい……Afrojackの代表曲の数々

Hardwell & Afrojack ft. MC Ambush – Hands Up (Official Music Video)

Afrojackの直近のセット(「Ultra Mexico」)を見てみると、自身の楽曲を多々プレイ!なかでも、最近こぞってセットの冒頭にかけているのが、Hardwell(ハードウェル)との共作“Hands Up”。

これは、先日の「ULTRA JAPAN」でもHardwellがプレイし大盛り上がり! 今回の来日でもほぼほぼ100%かかること間違いなし!

その他、「Ultra Mexico」でプレイしていたのは(マッシュアップ含め)……

Afrojack – SummerThing! ft. Mike Taylor

Afrojack & Steve Aoki ft Miss Palmer – No Beef (Official Music Video)

Afrojack – Rock The House (Official Music Video)

David Guetta – Hey Mama (Official Video) ft Nicki Minaj, Bebe Rexha & Afrojack

Afrojack ft. MightyFools – Keep It Low

Afrojack & Shermanology – Can’t Stop Me (Official Music Video)

Afrojack & Jay Karama – Diamonds

Fais ft. Afrojack – Hey (Official Video)

Afrojack – Ten Feet Tall (Lyric Video) ft. Wrabel

などなど。この他にも“Take Over Control”もあったりと、最新からちょっと懐かしいものまで幅広くプレイ。“SummerThing!”や“Rock The House”、“Hey”、“Ten Feet Tall”などは、言わずとしれた彼のビッグアンセム。

David Guettaとの“Hey Mama”も、YouTubeでの再生回数はなんと脅威の11億回以上。David Guetta繋がりで言えば、今年もコラボ曲“Another Life”も発表。

Afrojack & David Guetta ft. Ester Dean – Another Life (Official Video)

ほぼほぼ代表曲を網羅している中で、あえてその他の曲を挙げるとしたら……。

Afrojack & Martin Garrix – Turn Up The Speakers (Official Music Video)

Afrojack, Spree Wilson – The Spark ft. Spree Wilson

Afrojack, Dimitri Vegas, Like Mike and NERVO – The Way We See The World (Official Music Video) [HD]

とにかくスゴいゾ、Afrojack。しかも今回はアニヴァーサリー&ハロウィンということで、いつも以上の盛り上がりの予感大! そんなパーティーの詳細はコチラ!

EVENT INFORMATION

Afrojack – No Tomorrow ft. Belly, O.T. Genasis, Ricky Breaker

2017年10月13日(金)

OPEN:23:00

東京・新木場ageHa

ADV¥4,980

EDM

ACT: AFROJACK, MITOMI TOKOTO, TJO, CYBERJAPAN DANCERS and more

チケットをチェック

EVENT INFORMATION

2017年10月14日(土)

OPEN:10:00

長崎・ハウステンボス ロッテルダム会場

【SILVER チケット】一般入場、ステージ中程の通常エリアでの鑑賞
チケット単独¥9,000/チケット+ハウステンボス散策チケット¥12,500/チケット+ハウステンボス1dayパスポート¥14,500

【GOLD チケット】一般入場、ステージ前方の特設エリアでの鑑賞
チケット単独¥13,000/チケット+ハウステンボス散策チケット¥16,000/チケット+ハウステンボス1dayパスポート¥18,000

【VIP PLATINUM チケット】¥25,000
・1dayパスポート付き
・VIP専用ゲートからの入退場
・VIP専用エリア メインステージから近い位置での鑑賞
・VIPエリア専用のドリンクバー、フードブース有り
・VIPエリア専用のトイレやパウダールームを完備

【VIP TABLE】直接お問合せ
・VIP専用ゲートからの入退場
・VIP専用エリア、メインステージから近い位置での鑑賞
・VIPエリア専用のドリンクバー、フードブース有り
・VIPエリア専用のトイレやパウダールームを完備
・VIP TABLEは数に限りがございます。

ACT:AFROJACK, Taboo, DJ MOUSS&AMERICAN BORDERLINE (by DjK Paris), BIG BOY(Voice of LA 92.3 The Real), DJ KAYO, CYBERJAPAN DANCERS and more

チケットをチェック

OFFICIAL SNS

TAG