FES

今年も大熱狂! アーバンの祭典「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO」

11月11日(土)、新木場STUDIO COASTで開催された「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017」の模様をレポート!

▽あわせて読みたい!他のHOT 97 SUMMER JAMの記事はコチラから

国内外から旬&注目のアーティストが集結!

11/11(土)新木場STUDIO COASTで開催された「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017(サマー・ジャム)」

本場NY発のアーバンミュージックの祭典「HOT 97 SUMMER JAM」。1994年から24年に渡って開催され、現地ではそのチケットが瞬く間に完売となるほどの人気っぷり。そんな本祭が昨年に引き続き今年も東京で行なわれた。

オープン前から長蛇の列ができ、開場とともになだれ込むように入場するオーディエンス。そこからして日本での人気の高さが伺えるが、会場内はなんともグローバルな雰囲気で様々な言語が飛び交うところもさすが世界の「HOT 97 SUMMER JAM」。

とはいえ、日本人のヒップホップ&R&Bファンも負けず劣らず全国から集まり、スタート前から熱気はムンムン。客層も20代前半から30代半ばを中心に幅広く、カップルの姿も目立っていたのが印象的で、アーバンミュージックの日本での成熟度を感じるところ。

オープン前から長蛇の列ができるほど日本での人気も高い「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」

本祭の主催であるアーバンミュージックシーンで最も影響力のあるNYのFMラジオステーションHOT 97の若手注目株DJ JUANYTO、そして日本人初のHOT 97のレギュラーDJ、DJ LEADのプレイでまずはウォームアップした後、登場したのはHOT 97の看板DJのひとりDJ KAST ONE。さらにはパーソナリティのEBRO、PETER ROSENBERG、LAURA STYLEZの3人もステージへ。

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でプレイする日本人初のHOT 97のレギュラーDJとなったDJ LEAD

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でプレイするHOT 97の看板DJのひとり、DJ KAST ONE

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」のステージに上がるパーソナリティのEBRO、PETER ROSENBERG、LAURA STYLEZの3人

日本のヒップホップの未来は明るい!

注目の日本人アクトkiLLaが登場し「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」を盛り上げた

華々しくも盛大に幕を開けた「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017」だが、アーティストライヴがスタートするとその勢いはさらに加速。まずはkiLLa、JP THE WAVY、AWICHと注目の日本人アクトが登場。

音楽だけでなく、ファッション面での影響力も兼ね備える新世代クルーkiLLaは、その独特の世界観でオーディエンスを魅了。“SHINE”や“Louder”などを披露するなか、ファンをステージにあがらせるなど会場を巻き込んだパフォーマンス、それを受けた観客もダイブするなど終始会場は大熱狂。

注目の日本人アクトJP THE WAVYが登場し「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」を盛り上げた

さらに、“超Wavyでごめんね”で一躍ブレイクした平塚出身の今旬アーティストJP THE WAVY。もともとダンスからヒップホップと出会ったこともあり、抜群のリズム感を武器に活躍する彼は“ビッチと会う”、“金が降ってきたらいいのに feat.Singh Ryu & HIYADAM”、“一斉送信 feat. 龍道”といった人気曲を続々披露。もちろん、出世作の“超Wavyでごめんね”もオーディエンスと一体となって熱唱。

ディープな歌声とセクシーなダンスで「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」を盛り上げた注目の日本人アクトの一人、AWICH

そして、沖縄出身のフィメールラッパーAwichはなんと娘と一緒に登場。美しさと強さを兼ね備えた彼女のステージは、ヒット曲“Remember ft.YOUNG JUJU”で大盛り上がり。そのディープな歌声とセクシーなダンスでオーディエンスを魅了した。

ファンサービスも完璧だった、圧巻のUS勢

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」で地下鉄フーディーを着こなすお茶目な一面も見せつつマイクパフォーマンスを見せたA$AP Twelvyy(エイサップ・トゥエルヴィ)

そんな日本人アーティストの活躍の後には、USからのゲスト陣による白熱のステージへ。

まずは、NYの人気ヒップホップ・クルーA$AP MobからA$AP Twelvyy(エイサップ・トゥエルヴィ)。地下鉄フーディーを着こなすお茶目な一面も見せつつも、そのマイクパフォーマンスも流石の一言。“Periodic Table”、“Hella Hoes”、“Strapped”、“Hop Out”、“Walk On Water”などを披露し、リアルなヒップホップを見せつける。

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」で迫力あるステージを展開、会場を虜にしたYOUNG M.A(ヤング・エムエー)

続くは、ドープな楽曲で注目を集めるブルックリン出身のフィメールラッパーYOUNG M.A(ヤング・エムエー)。全身赤の衣装で登場した彼女は男顔負けのなんとも迫力あるステージを展開。HOT 97からヒットした“OOOUUU”をはじめ、“EAT”、“Quiet Storm”、“Regular”、“Get This Money”といったアンセムで会場を虜に。

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でサービス精神旺盛なパフォーマンスで盛り上げたシーンきってのイケメンKID INK(キッド・インク)

シーンきってのイケメンKID INK(キッド・インク)は“Money and the Power”で登場すると、ステージから飛び出し、観客席へと向かうなどサービス精神旺盛なパフォーマンス(着ていたキティちゃんのロングシャツにサインし、観客席に投げ込むことも!)。“Show Me”や“Body Language”、“F With U”、“Promise”といったヒット曲で会場を大いに沸かせていた。

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でバンドセットとともにその美しい歌声を響かせた大トリのJEREMIH(ジェレマイ)

そして、本祭の大トリを飾ったのはJEREMIH(ジェレマイ)。バンドセットとともにその美しい歌声を響かせつつ、時に自ら鍵盤で弾き語り、さらにはバラをプレゼントするなどのロマンチックなパフォーマンスもあり、女性ファンをメロメロに。“Do You Mind”、“Birthday Sex”、“Planes”、“Down on Me”といった彼の代表作の数々は、会場内を巻き込み大熱唱。その一体感は凄まじいものがあった。

最後まで盛り上がりを見せた「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017」は、誰もが名残惜しく思うなか今年も終了。会場からは「ぜひ来年も!」、そんな声がたくさん聞こえていた。

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でのスナップ写真-1

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でのスナップ写真-2

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でのスナップ写真-3

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でのスナップ写真-4

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でのスナップ写真-5

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でのスナップ写真-6

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でのスナップ写真-7

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でのスナップ写真-8

「HOT 97 SUMMER JAM(サマー・ジャム)2017」でのスナップ写真-9

OFFICIAL SNS

TAG