HOT

2016年に起こったパリピ的重大ニュース総まとめ!(1)

2016年もあと少し。名残惜しいような、早く新年を迎えたいような……。
パリピ&クラバーにとってはまだまだ遊んで、アガって、踊りたいー! けど、今回は一気に駆け抜けた感のある2016年をクラブ的、音楽的、エンタメ界的にPARTY CHANNELが気になったニュースをチェック!!!

これからどうなるEDM!? 2016年のシーンを振り返る!

英メディアDJ MAGの世界人気DJランキング「TOP 100DJs」の2016年度版では、2015年と上位の顔ぶれに大きな変化なし。EDMに新たな動きはない……!? と思ってしまうかもしれないがそういうわけでもなく、ここ数年盛り上がる新ジャンル“フューチャーハウス”は2015年に引き続きOliver Heldens(オリヴァー・ヘルデンス)が躍進(トップ10入り!)。さらには「electrox 2017」で来日するDon Diabloも15位とランクアップ。それだけに2017年もフューチャーハウスはパリピ的に要注目。
また、トップ50以内で順位が大幅にアップしたアーティストをみてみると、DJ SNAKE(DJスネイク)やMajor Lazor(メジャー・レイザー)、Yellow Claw(イエロー・クロウ)などのトラップ&トワーク系のアーティストが多く、この手のジャンルも引き続きチェックはマスト!そして、2016年にブレイクしたトロピカル系の代表格kygo(カイゴ)も奮闘。2017年も盛り上がりの予感あり。

The Chainsmokers – Closer ft. Halsey

そんななか、最もブレイクしたのはThe Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)。数々のヒット曲を生み出しEDMブームを後押ししたが、そのサウンドはこれまでのEDMとはちょっと違うトラップだったり、メロウだったり、様々なサウンドが垣間見え、また新たな感じが。そんな進化するEDM、落ち着きつつもあるがまだまだブームは健在と言えそう。ただ、EDM界のあるトップアーティストは“今面白いのはヒップホップ!”と言っていただけに、そのあたりにも注目したいところ。とはいえ、2017年はEDMの一大フェス「EDC」も上陸するし楽しみ満載。パリピにとっては盛大に踊り明かすことができそうだー!!

「TOP 100DJs」のランキングを改めてチェック!

1位:Martin Garrix
Martin Garrix & Bebe Rexha – In The Name Of Love (Official Video)

2位:Dimitri Vegas&Like Mike
Dimitri Vegas & Like Mike vs Diplo – Hey Baby (feat. Deb’s Daughter) [Official Music Video]

3位:Hardwell
Hardwell feat. Jay Sean – Thinking About You (Official Music Video)

4位:Armin Van Buuren
5位:Tiesto
6位:David Guetta
7位:Steve Aoki
8位:Oliver Heldens
9位:Skrillex
10位:Afrojack

11位以下はこちらで
11位以下をみる

日本初のカンファレンス・イベント 『Tokyo Dance Music Event』開催!!

日本で初開催された、世界各国からアーティスト、DJ、プロデューサー、レーベル関係者などを招いて行われるカンファレンス(会議)「Tokyo Dance Music Event(TDME)」世界各国からアーティスト、DJ、プロデューサー、レーベル関係者などを招いて12月1日〜3日に渡って開催された『Tokyo Dance Music Event(TDME)』。世界では、いまや数多く行われているカンファレンス(会議)やセッション、ライヴ・DJパフォーマンスがオールインクルーディングで行われる複合型イベントも日本では初。これは“ダンスミュージックの活性化”を目的として開催され、渋谷区長の長谷部健氏なども登壇。音楽業界向けのカンファレンスは渋谷ヒカリエ、ワークショップ・セッションはRed Bull Studio、そしてライヴやパフォーマンスはWOMB、Contact、SOUND MUSIUM VISIONで行われ、カンファレンスのゲストスピーカーにはNina Kravizをはじめ、ULTRA RECORDSの設立者Patrick MoxeyにDJ MAGの編集者など世界から数多く参加。国内からもNPO法人日本ダンスミュージック連盟理事長として風営法改正において尽力した浅川真次氏、渋谷区観光大使・ナイトアンバサダー・クラブカルチャーを守る会の会長としてシーンの活性化に貢献するラッパーのZEEBRA、ライブストリーミングサイトDOMMUNEの宇川直宏氏、音楽配信サービスLINE MUSICとAWAの関係者などが登壇し、大きな反響をもたらした。こういった機会が増えることでダンスミュージックシーンも活性化し、パリピにとってもいいコト尽くめ。来年も開催されるのであれば、ぜひ一度参加してみては。きっと新たな発見があるはず。
ph_1229_2016news04

新たなクラブシーンの目覚め、風営法が改正に!

風営法改正への道のり “The Road To PLAYCOOL”

これまでなにかとクラブシーンにとって頭の痛い問題だった風営法が改正されたのも2016年。6月23日から改正風営法が施行され、深夜に踊ることが合法化。厳密に言えばまだまだ問題はあるのだけれど、これによってシーンは大きく前進。パリピにとっても遊び場が守られることは嬉しいかぎりだし、ここからもっともっとシーンも大きくなってくれれば言うことなし。とはいえ、ハメを外し過ぎて問題を起こすようなことはダメ、絶対。みんなでルールを守って楽しく遊ぶべし。

続きは「2016年に起こったパリピ的重大ニュース総まとめ!(2)」で!近日公開!!

OFFICIAL SNS

TAG