HOT

2016年に起こったパリピ的重大ニュース総まとめ!(2)

第一弾に引き続き、今回はクラブだけでなく音楽シーン全体に関する2016年の出来事をチェック!

※第一弾をまだチェックできてない方はこちらから
第一弾の記事をみる

ピコ太郎が大ブレイク、“PPAP”がパリピの間でも大人気!

PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎)

2016年、突然登場した古坂大魔王プロデュースのピコ太郎。彼の楽曲“PPAP”はJustin Bieberがフォローしたことで、世界中で大ブレイクしたのは記憶に新しいところ。10月にはビルボードトップ100入りした世界最短曲としてギネス認定され、12月に公開された「YouTube Rewind 2016」ランキングでも第2位にランクイン。このグローバルなトレンド動画ランキングに、日本人アーティストがランクインするのは初のこと。そして、クラブシーンにおいてもW&Wをはじめとする様々なリミックスがプレイされ、多くのパリピに愛されることに。なお、YouTubeで公開中の動画の再生回数は脅威の1億回越え。そんな大ブレイクした彼はなんと今年の紅白歌合戦への出演も決定。“20秒で人生は変えられる”——2017年もピコ太郎に注目!?

多くの訃報……偉大なるアーティストたちが逝去

BOOM BOOM SATELLITES 『LAY YOUR HANDS ON ME』Short Ver.

今年は、クラブシーンだけでなく全世界の音楽シーンを彩ってきた偉大なアーティストが数多く亡くなった年でもあった。1年の終わりともなると、上半期のことが大昔のような感覚になってしまう錯覚に陥りつつも、ここで少し振り返ってみたいと思う。

1月10日 David Bowie 享年69歳
1月18日 Glenn Frey(EAGLES) 享年67歳
4月21日 Prince 享年57歳
5月5日 冨田勲 享年84歳
10月9日 川島道行(BOOM BOOM SATELLITES) 享年47歳
11月14日 David Mancuso 享年72歳
11月30日 朝本浩文 享年53歳
12月25日 George Michael(Wham!) 享年53歳

パリピ世代にとっては馴染みのない顔ぶれでも、今ある音楽シーンの礎を築いてきたのは、間違いなく彼らの功績。音楽を愛する者としては、ぜひ彼らにリスペクトを送りたい。

ミュージシャンのBob Dylanがノーベル文学賞を受賞!

Bob Dylan – A Hard Rain’s A-Gonna Fall (Audio)

Bob Dylanが12月10日(日本時間12月11日)、音楽家として初のノーベル文学賞を授賞!受賞第一報の際、電話に出ず音信不通にしたことや受賞を受け入れるか辞退するかの返事を先送りにしたこと、授賞式を欠席したことなども大きな話題に(日本でも全く電話に出ない、音信不通になる事を“まじ(ボブ)ディラン”というパリピ世代も登場したとかしないとか)。本人は授賞式を欠席したが、彼に多大な影響を受けたPatti SmithがBob Dylanの“A Hard Rain’s a-Gonna Fall”をパフォーマンス。緊張のあまり、歌詞が飛んでしまうというハプニングに見舞われるも、会場中から温かい拍手が巻き起こり、最後まで歌いあげた。その後開催された晩餐会でBob Dylanの公式授賞スピーチコメントが代読され、その感動と知性溢れるメッセージに会場中から大きな歓声と拍手が巻き起こり、スタンディングオベーションでDylanの授賞を讃えた。

多くの音楽的ニュースやトピックが豊富だった2016年。それだけに、パリピ的にも充実した1年だったのでは!? PARTY CHANNELは、2017年も選りすぐりの音楽ニュースやトピックをお届けできるよう頑張る所存。2017年もお楽しみに&よろしくお願いします!!!!

OFFICIAL SNS

TAG