HOT

YAVAYガールズ・インタビュー! 〜高みを目指すプロダンサーRose篇〜

六本木に昨年オープンした話題の最新エンタメスポットBURLESQUE annex YAVAYのダンサー・インタビュー第三弾!

▽あわせて読みたい!第二弾Sakura編はコチラから

プロ意識の高さはメンバー随一のRoseちゃん

去年六本木にオープンしたBURLESQUE annex YAVAY(バーレスク・アネックス・ヤバイ)のダンサー・インタビュー第三弾はRoseちゃん

今回はBurlesque Tokyoを見てダンサーになったRoseちゃんにインタビュー。
日々様々なお店でダンスの研究をし、厳しい練習もなんのその。むしろ、それも楽しみながらスキルアップするという、なんともプロ意識の高い彼女が目指すものとは……。

ダンスはもちろん表情や仕草、目線にも注目!

——BURLESQUE annex YAVAYのダンサーになったきっかけは?
Rose:以前、Burlesque Tokyoにお客さんとして来たことがあって。当時はOLだったんですけど、ダンスは小さいころからやっていて好きだったんです。それで初めてのBurlesque Tokyoで自分と年齢が近い女の子が踊っている姿を見て、日本にもこういう職業ができたんだな〜ってビックリして。それで“私もやりたい!”と思ったんです。それまでは職業=ダンサーで生きていく選択肢がなかったんですけど、Burlesque Tokyoに行ってそれが変わりました。

——実際にBurlesqueダンサーを見たのがきっかけだったんですね。
Rose:そうなんです。それでダンサーを目指しOLを辞めて、いくつかのショーパブで働いていたら、BURLESQUE annex YAVAYができると聞いて。

——BURLESQUE annex YAVAYのオープン前は1日10時間以上も練習をすることがあったそうですが、大変ではなかったですか?
Rose:ダンサーとして活動し始めて3年ぐらいたつんですけど、今も練習は全然苦にならないですね。好きなことなんで。むしろもっと練習したい(笑)。ダンサーがフリを覚えるのは当たり前。私はお客さんが喜ぶのはそこからだと思うんです。例えば、表情とか仕草とか、お客さんへの目配りとか。細かいんですけど、そういうのを考えるのも大好きで。

——となると、普段は表情や仕草などを意識して踊っているんですか?
Rose:私はいろいろなショーパブに行って研究するのが好きなんですけど、そこではお客さんが何を見ているのか。あとは踊り手の世界観というか、表現したいもの、そして表情や仕草に目がいくことが多くて。いつもそういったものを見ているので、私もそれを実践したいなと思って、特に表情と目線に一番気をつけています。

——ステージ上からお客さんの姿ってよく見えるんですか?
Rose:めっちゃ見えます(笑)。お客さんの表情もよくわかるし、この人携帯をいじってるなってことも(笑)。

——目が合ったりすることもある?
Rose:ありますよ。目が合ったらこういう顔をしようとか、その場で考えてます。あとは踊り方やフリもちょっと変えてみたり。そういうアレンジも私は大好きで。女優の気分で踊ってます(笑)。お客さんからは、ステージ上と実際話すと全然違うねって言われます(笑)。

——お客さんと話すのは楽しいですか?
Rose:楽しいですね。お客さんの反応も見れますし。BURLESQUE annex YAVAYの良さって、お客さんとの距離感が近いこともあると思います。

——ちなみに、お客さんから言われて嬉しかったことは?
Rose:ちょっと前に女性のお客さんから言われたんですけど、「あなたはプロっぽかった」って。あのときは嬉しかったですね。お客さんの中には、ノリの良さを楽しみに来ている方もたくさんいて、一時はダンスのクオリティは求められていないのかって思ったこともあったんです。もちろん、ここは親しみやすさがあるお店だと思うんですけど、その中でプロっぽいって言われるとスゴく嬉しいし、はげみになりますね。

露出が多い衣装が好き!? ダンサーは体が衣装

去年六本木にオープンしたBURLESQUE annex YAVAY(バーレスク・アネックス・ヤバイ)のダンサー・インタビュー第三弾、プロ意識の高いRoseちゃん

——お客さんとの距離感や親しみやすさ、ノリのよさ、いろいろあると思うんですけど、Roseさんが考えるBURLESQUE annex YAVAYの魅力とは?
Rose:内装もLEDがたくさんあって、衣装にもお金がかかっていて、演出もすごく考えられてる。そして、関わっている人たちもスゴイ。そのスケールの大きさはありがたいなって思います。だからこそ私たちが頑張り続けないと!

——ダンス以外に好きなこと、趣味とかってありますか?
Rose:普段はいたって普通ですね。休みの日には整体に行ったり、体のケアをしてることが多くて。ここにいるときはオンなので、休日はひたすらオフみたいな(笑)。基本的に休日は休むか買い物に行くか、あとは犬と遊んでます。

——お気に入りの衣装はありますか?
Rose:私は露出が多いのが好きです。ダンサーってお尻や腹筋とかが衣装だと思っているので、隠すよりは鍛え上げたものを見てほしい。露出があった方が体の曲線を見せやすいし、表現しやすいんですよね。

——BURLESQUE annex YAVAYにはどんな人に遊びに来てほしいですか?
Rose:Burlesque Tokyoをはじめ、最近はいろいろなお店がありますし、同じお客さんを取り合ってもダメだと思うんです。だから、今までこういったお店に遊びに来たことがない方に来てほしいですね。あとは、BURLESQUE annex YAVAYは“クールジャパン”をコンセプトにしているので、アニメとかが好きな人が来たらいいなって思います。そういう人が入りやすい、楽しめるお店だと思うので。

——最後に夢を教えてください。
Rose:私は「Burlesque」という映画を観たときに衝撃を受けて、日本でもこういうお店があればいいのに……とずっと思っていたんですけど、BURLESQUE annex YAVAYと出会えたことは本当に良かったと思います。こういうお店が日本中にできるといいですよね。そして、ショーを観るということがもっと身近に、映画を観るのと同じぐらいのものになればいいなって思います。その中でBURLESQUE annex YAVAYを日本を代表するお店にすること。ここには和とアニメ、日本の今の世代のカルチャーが詰まっていると思うので、海外の方も楽しめる……今も楽しんでもらっているんですけど、国内外の方が楽しめる新しい観光スポットにしたいですね。あとは、私は自分が影響を受けた場所で踊れることに日々喜びを感じながら、ここで夢を見させてもらっていますけど、自分も何かをみなさんに伝えたい。私が踊っている姿を見て、ダンサーを目指す人がいたら、それはすごく嬉しいことですね。

去年六本木にオープンしたBURLESQUE annex YAVAY(バーレスク・アネックス・ヤバイ)のダンサー・インタビュー第三弾、日本を代表するお店にしたいと語ってくれたRoseちゃん

そんなRoseちゃんは、このたびリーダー就任。1月29日(月)にはリーダー就任イベントが開催されるのでお見逃しなく!

次のインタビューをみる

OFFICIAL SNS

TAG