MUSIC

【必見】EDMアンセムがズラリ! 名門Spinnin’ Recordsの名曲メドレー

世界的人気レーベルSpinnin’ Recordsが、公式YouTubeチャンネルの登録者2000万人突破を記念した特別ムービーを公開!

やっぱスゴイ! “Animals”や“Booyah”など名曲揃い

20 Million subscribers on Spinnin’ TV! Thank YOU for your support! ❤️

Spinnin’ Recordsと言えば、ダンスミュージック大国オランダで生まれ、それこそEDMムーブメントの火付け役。

Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)やAfrojack(アフロジャック)など数多くのビッグスターを輩出し、Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)やAvicii(アヴィーチー)などもここからスターダムに。

そんな泣く子も黙る超一流レーベルの公式YouTubeチャンネルの登録者数が2000万人を突破。それを記念し、これまでのSpinnin’ Recordsのアンセム満載の超胸熱ムービーをアップ。

再生回数2億回以上のウルトラアンセムAlok, Bruno Martini feat. Zeebaの“Hear Me Now”を皮切りに、それはもう豪華なこと……。Bingo Players(ビンゴ・プレイヤーズ)の“Get Up”にShowtek“Booyah”、今や天下のMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)の出世作“Animals”。

そして、Afrojack(アフロジャック)伝説もここから始まった“Take Over Control”にOliver Heldens(オリヴァー・ヘルデンス)の“Gecko”、Fedde Le Grand(フェデ・ル・グランド)“Put Your Hands Up 4 Detroit”、Yellow Claw(イエロー・クロウ)“Shotgun”など、超モンスターアンセムそろい踏み。

さらには、振り返ればヤツがいる的な……Eric Prydz(エリック・プライズ)の名曲“Pjanoo”やDuck Sauce(ダック・ソース)の“Barbra Streisand”。こんなのもあったね、Yolanda Be Cool vs DCUPの“We No Speak Americano”。

とにもかくにも世界のフロアを彩ってきた名曲の数々が一気に楽しめる。やっぱりSpinnin’ Recordsはスゴかった!

Spinnin’ Records channel

OFFICIAL SNS

TAG