FES

日本の伝統文化と最新技術が、いざ世界へ! STAR ISLANDシンガポールで開催

花火×最先端テクノロジー×ショーパフォーマンスが融合した未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」が、2018年12月31日にシンガポールで開催。その模様をレポート!

マリーナベイ・サンズも霞む超花火…約50万人を魅了

カウントダウンイベント「Marina Bay Singapore Countdown 2019」のメインコンテンツとして開催

日本ではお台場で過去2回開催されている「STAR ISLAND」が海外初進出。アジアでも指折りの観光大国シンガポール、その最拠点とも言えるマリーナベイ・ホテル周辺で行なわれていたカウントダウンイベント「Marina Bay Singapore Countdown 2019」のメインコンテンツとして開催された。

初の「STAR ISLAND」にも関わらず、有料席のチケットはなんと2万1000枚がソールドアウト

「Marina Bay Singapore Countdown 2019」は、シンガポールの国家的プロジェクトであり、なおかつカウントダウンだけあってマリーナベイ一帯で数多くのイベントが同時開催。当然、世界中から数多くの人が訪れるわけで……(そのなかには各国のお偉いさんも)。そんななか初の「STAR ISLAND」にも関わらず、有料席のチケットはなんと2万1000枚がソールドアウト。事前の注目度もかなり大。

大都市のロケーション×花火という絶妙なコントラスト

そもそも、大都市のロケーション×花火という絶妙なコントラストに、3Dサウンドなどの驚愕最新テクノロジー、実力十分のパフォーマーたちによるショー、三位一体どころか四位も五位もあるような至極のエンタメ「STAR ISLAND」。その評判はすでに世界にも行き届いていたのかと驚きつつ、会場に行ってみるとその光景たるや……。

至極のエンタメ「STAR ISLAND」

お台場も摩天楼っぷりでは相当なものだけど、今回会場となったザ・フロート@マリーナベイのシチュエーションがとにかく、とにかくスゴイこと。後方左には屋上に浮かぶ船でおなじみマリーナベイ・ホテル、右には目を見張るような高層ビル群。まさに助さん格さんの水戸黄門状態(もちろん花火やショーが黄門様)。お台場とはまた異なる超絶・絶好ロケーション。

お台場とはまた異なる超絶・絶好ロケーション

2018年も終わる12月31日、その日シンガポールは朝から晴れていたものの開催前にはまさかの大雨(しかも雷雨)。シンガポールでは当たり前なのかもしれないけど、若干不安がよぎりつつも17時の開園時にはなんとミラクル、天候回復。ただ、その後たびたびちょっと雨が降ったのはご愛嬌。でも、そんな状況の中でも続々と観客が。
会場内には、日本同様。様々なアクティビティが用意され、お客様ファーストは一切抜かりも油断もないのはさすが。ちなみに、DJブースも2つ用意され、YUMMY、NAOKI SERIZAWAと2人の日本人アーティストが出演。

音楽や花火にあわせて宙を舞うFMX(フリースタイルモトクロス)

会場はもちろん、その周辺にも何が起きるのかと多くの人が詰めかけるなか、いよいよ花火がスタート。一発目から大歓声があがり、早速観客の心を鷲掴み。そして、ミュージカルさながらのショーパフォーマンスもステージはもちろん、パフォーマーが客席通路などでも演舞し観客を煽動。さらに、日本ではなかった初の試み、プロジェクションマッピングも超キレイで(手掛けていたのはリオ・オリンピックやザ・ケミカル・ブラザーズのワールドツアーを担当していたjonny.tvとなんとも豪華)、さらにはレーザーも(まさに光のイルージョン!)。また、これまた初登場、音楽や花火にあわせて宙を舞うFMX(フリースタイルモトクロス)にはことさら観客も大興奮(これは日本でもぜひ観たい!)。

音楽とのシンクロによって花火の見え方が変わるのも「STAR ISLAND」の大きな醍醐味

音楽もダンスミュージックからクラシックにポップと幅広く、ダイナミックだったり、壮大だったり、厳かだったり、音楽とのシンクロによって花火の見え方が変わるのも「STAR ISLAND」の大きな醍醐味。

中央に刹那に鎮座する花火の存在感は本当に別格

とにかく様々なコンテンツが満載だったけど、肝心要の花火に誰もが首ったけ。花火抜きの背景(マリーナベイ・ホテルと高層ビル群)もスゴく絵(写真映え強!)になるんだけど、花火があがる一瞬の美は息をのむとはこのこと。闇夜と摩天楼の明かりに加え、レーザーが四方へと飛び交い、その中央に刹那に鎮座する花火の存在感は本当に別格だった。

パフォーマンスやレーザー、花火、そのひとつひとつに観客は歓声をあげ、拍手喝采

パフォーマンスやレーザー、花火、そのひとつひとつに観客は歓声をあげ、拍手喝采。そんななか迎えたカウントダウンも当然大盛り上がりなわけで……「STAR ISLAND」はメモリアルな瞬間を彩るにも最適だと再確認。
人種や国籍、年齢、観客は全てバラバラだったけど(日本人もチラホラ)、そんなことお構いなしに観るもの全てに驚きと感動を届けた「STAR ISLAND」。これはもう世界でも通用するとわかった今、ぜひ様々なところで日本発の未来型花火エンターテインメントをぜひ見せつけてほしい!

観るもの全てに驚きと感動を届けた「STAR ISLAND」

OFFICIAL SNS

TAG