FES

今年は誰がやってくる!? EDC JAPAN 2019の出演者を勝手に大予想

5月11日(土)、12日(日)に開催される「EDC JAPAN 2019」。誰もが気になるラインナップだけど、今年は果たして誰が出演するのか?? PARTY CHANNELが大予想!

▽あわせて読みたい!“EDC Japan 2019、ステージ別ラインナップ発表!”の記事はコチラ

毎年豪華過ぎるラインナップ、今年は果たして…

さすが世界のEDCと言わんばかりに過去2回、それはそれは豪華なアーティストが出演してきた「EDC JAPAN」。今年も5月の開催を前にそろそろラインナップも発表になるのでは? ということでその前に……今回は出演者を独自に予想してみたい。

まず、最も気になるのはメインステージkineticFIELDのトリ。2017年はMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)とAxwellΛIngrosso(アクスウェル・イングロッソ)。2018年はDimitri Vegas & Like Mike(ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク)にマーティン・ギャリックスだったわけだけど、今年は……。

きっと、マーティン・ギャリックスの3年連続というのはかなり薄いはず。というのも、つい先日、夏の「フジロック」への参戦が決定したわけで……。そして、アクスウェル・イングロッソも今年はSwedish House Mafia(スウェディッシュ・ハウス・マフィア)の活動で忙しそう……。ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクはなんとなく2年連続はないのではとの勝手な憶測……。

となると、その他の考えられるのは初年度に出演したArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)や最近来日していない&「EDC JAPAN」未出演のDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)、同じく未出演のTIËSTO(ティエスト)。さらには、ZEDD(ゼッド)やSkrillex(スクリレックス)、DJ SNAKE(DJスネイク)などなど、多くのビッグスターが挙げられるけど、今回PARTY CHANNELが予想するのは……デヴィッド・ゲッタとスクリレックス!

その理由は、デヴィッド・ゲッタは昨年アルバム「7」をリリースしたものの来日していないので(希望も含めて)。そして、スクリレックスは昨年「フジロック」に出演したけれど日本のダンスミュージックフェスにはご無沙汰。さらには、宇多田ヒカルとのコラボも話題だし……。両者ともに「EDC JAPAN」は未出演だけに、あの大舞台で見たいという願いも込めて、この2人をチョイス。もちろん、それ以外のアーティストも出てくれるものなら出てほしいけど……。

その他のラインナップで言えば(ここからはほぼほぼ願望(笑))、日本でも人気のW&WやR3HAB(リハブ)などはどちらも大の親日家だし、度々来日しているものの誰もが見たいハズ。

そして、今やフェスに引っぱりだこのDon Diablo(ドン・ディアブロ)も昨年何度か来日していようが多くのファンが待ち望んでいるのでは。そして、フューチャーハウス系では、Oliver Heldens(オリヴァー・ヘルデンス)もいいけれど、Brooks(ブルックス)やMesto(メスト)といったフレッシュなアーティストが名を連ねるのでは!?

一方、最近来日していない組としては、Yellow Claw(イエロー・クロウ)にDillon Francis (ディロン・フランシス)、Jauz(ジョーズ)あたりはぜひ見たいところ。彼らのようなベース&トラップ系はフェスではやっぱり盛り上がるし!

また、昨年“THE DROP”が大ヒットしたGammer(ガマー)やトラップ界の雄RL Grime(RLグライム)のどちらかは……。そして、気鋭注目株としては、アルバムのリリースが期待されているJOYRYDE(ジョイライド)や強烈なステージが世界で話題のExcision(エクシジョン)。スクリレックスが来るなら、彼のレーベルOWSLAのGhastly(ギャストリー)やValentino Khan(バレンティーノ・カーン)あたりも。

さらに、昨年のパフォーマンスが素晴らしかっただけにIllenium(イレニアム)とNghtmre & Slander Present: Gud Vibrationsなどは二年連続出演も不思議じゃないし、新世代系ではSaid The Sky(セッド・ザ・スカイ)やVirtual Riot(バーチャル・ライオット)なども面白そう。

あとは、心地よいビーチのステージcircuitGROUNDSでやっぱり見たいのは(かなり願望)KYGO(カイゴ)。その他には、Sam Feldt(サム・フェルト)やCheat Codes(チート・コーズ)あたりも見てみたい……と、考えれば考えるほど妄想は膨んでしまうけど、上記のアーティストの中から何組かは出るんじゃないかな〜と勝手に予想(当たってなかったらごめんなさい)。

なお、今回はヒップホップやベースミュージックに特化したフェス「HARD Summer Music Festival」を主催する“HARD”と、LAを中心に数多くのハウス・テクノイベントを開催している“factory 93”が参加。より幅広いジャンルが楽しめる完全全方位型のダンスミュージックフェスになるだけに、EDM系以外にもヒップホップやテクノ・ハウスのアーティストがこれまで以上に出演するハズ。ちなみにテクノ・ハウスに限って言えば、昨年は今をときめくFisher(フィッシャー)やCamelphat(キャメルファット)がラインナップされていただけに今年も期待大。

果たしてどんなアーティストがラインナップされているのか、とにかく期待が膨らむ「EDC JAPAN 2019」。出演者発表の日が待ち遠しいゾ!

オフィシャルサイトをチェック

Photo by INSOMNIAC/ALIVE_COVERAGE

▽あわせて読みたい!“STEVE AOKI、DVLMらのプレイに会場大揺れ! 「EDC JAPAN」初日レポート”の記事はコチラ

OFFICIAL SNS

TAG