MUSIC

オランダが生んだトランス界の帝王! 今さら聞けないArmin Van Buurenの魅力

ダンスミュージックシーンに大きな足跡を残すスーパースターArmin Van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の魅力に迫る!

▽あわせて読みたい!“宇多田とコラボ! EDC JAPAN出演決定! 実は…、今さら聞けないSkrillexの魅力”の記事はコチラ

誰もが納得、名実ともに世界トップのDJ!

つい先日、5月開催の「EDC JAPAN」に出演が決定したアーミン・ヴァン・ブーレン(アーミン)。それこそ昨年は「ULTRA JAPAN」に出演し、そこでのステージは今なお余韻に浸るもの続出、年間ベスト、超スペシャルなパフォーマンスという声多し。現在はそんな彼の最新セット、3月に開催されたばかりの「Tomorrowland Winter 2019」のパフォーマンスが早くもYouTubeにあがっているのでまずはそれをどうぞ(コレもヤバイ!)。

様々な記録を打ち立て、記憶に残るプレイ続出、世界中を魅了するスーパースター、その姿は“神”とも賞賛されるアーミン。彼はダンスミュージック大国オランダ出身、1976年12月25日(クリスマス生まれ!)の今年で43歳。

アーミンのことを紹介する上でまず欠かせないのがDJ MAGのランキング「Top 100 DJs」。なんとそこでアーミンは過去に5回もトップに輝いている(2007年、2008年、2009年、2010年、2012年)。これはもちろん史上最多で前人未到の大記録。さらには、12年間連続でトップ3入りという金字塔も。まさに世界最強のDJと言っても過言なし!

早熟の天才は音楽の才だけでなく…

ダンスミュージックシーンに大きな足跡を残すスーパースターArmin Van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)

小さい頃から音楽にどっぷりハマり、10歳の頃から音楽制作を開始していたというアーミン。ちなみに、シンセサイザー奏者やキーボーディストとして有名なフランスのエレクトロミュージシャン、Jean Michel Jarre(ジャン・ミッシェル・ジャール)に影響を受けたそう。
14歳でキャリアをスタートさせ、大学在学中にDJ活動に勤しみ、19歳のころに発表した“Blue Fear”や“Communication”で早くも注目を集めることに。

しかも、その大学というのがオランダの超名門ライデン大学。ここはオランダ最古の国立総合大学だそうで、そのなかでも優秀極まりない法学部出身。弁護士を目指していたこともあったとか……。そんな名門大学に在学中にDJ活動が活発化し、一度は休学しつつも復学し無事卒業。とにかく勉強もできるアーミンはスゴイ!

A State of TranceとArmada Music

2001年にはラジオ番組「A State of Trance」をスタート。今なお継続中で、その放送回数はなんと脅威の900回以上。アーミンが毎週旬のサウンドがオンエアするとあって、その人気は年々拡大し、当初はオランダのみの放送だったもの今や世界中でオンエア中。
また同名のコンピレーションがリリースされたり、イベントも開催され、とにかく大人気。記念すべき第一回の模様がYouTubeにあったので、気になる方はぜひチェックを!

また、2003年にはレーベルArmada MusicをMaykel Piron、David Lewisらと設立。現在のダンスミュージックシーンにおいても指折りの超人気レーベルで、当然世界中のアーティストたちからの信頼も厚い。そんなArmada Musicからは自身の楽曲はもちろん、Afrojack(アフロジャック)やW&W、Dash Berlin(ダッシュ・ベルリン)、Lost Frequencies(ロスト・フリクエンシーズ)、Andrew Rayel(アンドリュー・レイエル)ら数多くのトップアーティストがリリースし、近年ではLoud Luxury(ラウド・ラグジャリー)なども。

オランダ国王、王室もアーミンの大ファン!?

アーミンについて語りぐさになっているのが2013年の出来事。母国オランダの新国王の即位式典でオーケストラとともにアーミンがプレイ! そして、世界中が見守るなか国王が登壇し彼と握手!
なんでも新国王&王妃が彼の大ファンとのことで、さすがダンスミュージック大国……国を挙げての国家的行事でDJが出演し大盛り上がりというのはスゴすぎる。

また、その他にもオランダではDJたちの切手も発売されていて、そこにもアーミンの姿が。ちなみに、アーミン以外にもTiësto(ティエスト)、Hardwell(ハードウェル)、アフロジャック、ダッシュ・ベルリンも。

さらにはフィギュアも発売!

名だたるビッグフェスでプレイ! だけじゃなく…

Jean Michel Jarre(ジャン・ミッシェル・ジャール)からの影響を受け音楽制作への道に進み始めたArmin Van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)

Tomorrowland」や「Ultra Music Festival」、「EDC」など世界中のビッグフェスで軒並みプレイしているわけだけど、彼ぐらいになるとフェスはもはや当然でこんなスゴイことも。

2018年にはなんと無重力空間でプレイ! 会場は宇宙飛行士の訓練にも使われる特別仕様の飛行機エアバスA310。そこで無重力を作り出しパーティーする「WORLD CLUB DOME Zero Gravity」にSteve Aoki(スティーヴ・アオキ)らと出演。

その他にも逆さま状態でプレイしたり……。やることもスゴイ!

アーミンの名曲の数々を一挙紹介!

DJ MAGのランキング「Top 100 DJs」において過去5回もトップに輝いているArmin Van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)

とにかくスーパースターっぷりが半端ないアーミン。プロデューサーとしてももちろん超一流で、世界中を揺るがすアンセム盛りだくさん。2014年には“This Is What It Feels Like”でグラミー賞にノミネート。そんなアーミンの名曲の数々、それこそたくさんありすぎるので、今回はここ最近もプレイしているアンセムを中心に紹介!

Photo:Armin van Buuren Facebook

▽あわせて読みたい!“豪華出演者たちが登場するのは? EDC Japan、ステージ別ラインナップ一部公開”に関する記事はコチラ

OFFICIAL SNS

TAG

CHINTAI
COLORS OF WONDER

PICK UP

RANKING

TAG