CLUB

ヒット曲連発で大合唱&大熱狂、六本木SEL OCTAGON TOKYOにSigala登場

3月29日(金)、六本木SEL OCTAGON TOKYOにSigala(シガーラ)が出演。その模様をレポート。

▽あわせて読みたい!“SEL OCTAGON TOKYOにDannic登場”の記事はコチラ

数多くのアンセム披露、ヒットメイカーの本領発揮!

六本木SEL OCTAGON TOKYOでスタートした春のスペシャルイベント「ROPPONGI MUSIC WEEKS」でシガーラがプレイ!

3月22日(金)から六本木SEL OCTAGON TOKYOでスタートした春のスペシャルイベント「ROPPONGI MUSIC WEEKS」。その初日に登場したDannic(ダニック)に続き、この日はシガーラがプレイ!

2015年のデビュー以来ヒット曲量産中のシガーラの登場とあって、当日は会場前に長蛇どころか、大蛇のような行列が。フロアも早々に熱気ムンムンで誰もが彼の出番を待ちわびている様子。そんななか、DJ SHINやTJOらレジデント陣もオーディエンスのテンションをさらに高め、シガーラ前から異様なテンションが。

そして、待望のシガーラの出番になると……1曲目から自身のヒット曲“Sweet Lovin’”で満員のオーディエンスをロック。さらには、Ed Sheeran(エド・シーラン)の“Shape Of You”やClean Bandit(クリーン・バンディット)の“Symphony”のリミックスと大ネタ連発、会場の熱気は天井知らず。

待望のシガーラは数多くのアンセム披露ヒットメイカーの本領発揮!

これまでスタイリッシュなお客さんが多かったイメージのあるSEL OCTAGON TOKYOだけど、この日はより幅広い客層で、海外の方も多数来場。2月にオープンして以降、着実に認知度を高めているよう。また、SEL OCTAGON TOKYO自慢の最新テクノロジー・静脈認証も日に日に普及しているようで(なんといっても便利だし)、エントランスやバーカウンターでピッピッとスマートに会計する姿も多く見かけた。

そのうえ、この日はさらなる変化も。SEL OCTAGON TOKYOが誇る国内クラブ最大数の10台のレーザーがいつも以上に走りまくりの迸りまくりと思ったら、なんとセットを変えたそうで、この約2ヵ月間で試行錯誤を重ね、より刺激的な演出が可能に。

試行錯誤を重ねより刺激的な演出が可能になったSEL OCTAGON TOKYOが誇る国内クラブ最大数の10台のレーザー

そんなフロアにMCとともに登場したシガーラは、これでもかとアンセム投入。とはいえ、ただ単にヒット曲をかけているわけではなく、ジャンルも違えば年代も違う、そしてオリジナルではなく様々なリミックスで個性を発揮。
それこそ、Fisher(フィッシャー)やThe Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)のヒット曲に加え、Nirvanaの“Smells Like Teen Spirit”や往年のアンセム“Ain’t no Mountain High Enough”。さらには、Loud Luxury(ラウド・ラグジャリー)“Body”やKungs vs Cookin’ on 3 Burners“This Girl”、先日来日していたMarshmello(マシュメロ)の“Happier”など続々マッシュアップ。

ハウスあり、トロピカルあり、ラテンあり、そのほか様々なサウンドでオーディエンスを楽しませていたが、やっぱり盛り上がっていたのはシガーラの曲で、“Show You Love”や“We Don’t Care”、“Only One”そしてみんな大好き“Give Me Your Love”、どれももれなく大合唱。

Don Diablo(ドン・ディアブロ)の“Momentum”でシガーラのテンションも絶頂に

大合唱メドレーはさらに続き、ZEDD(ゼッド)の“The Middle”、そしてBackstreet Boys(バックストリート・ボーイズ)の“I Want It That Way”やBeyoncé(ビヨンセ)の“Crazy In Love”も飛び出す大盤振る舞い。そして、Don Diablo(ドン・ディアブロ)の“Momentum”でシガーラのテンションも絶頂に。DJブースに立ち、オーディエンスを煽動。みんな携帯のライトを掲げキラキラモード。

その後もIcona Pop(アイコナ・ポップ)の“I Love It”やAvicii(アヴィーチー)の“Levels”だったり、懐かしオールドスクールなヒット曲を矢継ぎ早にマッシュアップしたりとエンタメ感満載。そして、自身の出世作“Easy Love”で盛り上がるオーディエンスに対して、ファンのひとりをDJブースに招きいれるなどサービス精神もたっぷりで、ラストはAAA宇野実彩子のカヴァーシングル“ララバイ”からの“Came Here for Love”で激盛りのなか大円団。

ラストはAAA宇野実彩子のカヴァーシングル“ララバイ”からの“Came Here for Love”で激盛りのなか大円団

踊りやすく、そのうえ随所に自身のヒット曲&大合唱間違いなしのアンセムを盛り込んだキャッチーなセットでオーディエンスを魅了し続けたシガーラ。とにかく一体感たっぷりで誰もが楽しんだ上に、プレイが終わった後にはブースに乗り出し記念撮影&お客さんと握手をしたりとすごくいい人。きっとこの日、さらにシガーラファンになった人も多いはず。

踊りやすくそのうえ随所に自身のヒット曲&大合唱間違いなしのアンセムを盛り込んだキャッチーなセットでオーディエンスを魅了し続けたシガーラ

今後も4月6日(土)にDanny Avila(ダニー・アヴィラ)、12日(金)にはAfrojack(アフロジャック)、30日(火・祝前日)にはFedde Le Grand(フェデ・ル・グランド)と続々ビッグなアーティストが登場するSEL OCTAGON TOKYOから目が離せない!

続々ビッグなアーティストが登場するSEL OCTAGON TOKYOから目が離せない!

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG