CHINTAI COLORS OF WONDER

「東京×宿」東京にあえて泊まってみたら…?

<2019年4月7日(日)ON AIR>

<本編テーマ>
『東京にあえて泊まってみたら?』をテーマに、東京の宿泊事情を掘り下げました。
東京では今、コンセプトのユニークなカプセルホテルが人気で、海外からのお客さんにも大好評。堀口ミイナも「MANGA ART HOTEL」に実際に宿泊してレポートしました。

<選曲テーマ>
記念すべき1回目の放送は、春、そして日曜日にぴったりな楽曲をジャンルレス、タイムレスにコンパイルしました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLOR OF WONDER】番組紹介

<選曲リスト&コメント>
1 Sunday Afternoon / Blossom Dearie
50年代から70年代にかけて活躍したアメリカのジャズ・シンガー。
春、そして日曜日にぴったりな天使のような歌声。
1973年発表の『Blossom Dearie Sings』収録曲。

2 It runs trough me (feat. De La Soul)/ Tom Misch
15歳の時から楽曲をインターネット上に公開してきた
イギリスが生んだ若き天才。HIP HOPもR&Bも軽やかに
取り入れてしまう洒脱なセンスが光る。

3 You can’t turn me away / Sylvia Striplin
HIP HOPのサンプリングのネタとしてもおなじみ、
知る人ぞ知るメロウ・ソウルの名曲。
ふわふわとした歌声が春の木漏れ日のよう。

4 Tints (feat. Kendrick Lamar) / Anderson Paak
あらゆるジャンルの音楽をシームレスに表現できる
ラッパーでありドラマーであり、プロデユーサーである彼。
こんな才能の持ち主が一時、
ホームレスであったこともあるというからびっくり。

5 Tristeza / Astrud Gilberto & Walter Wanderley Trio
カフェ・ミュージックとしても人気のあるボサノヴァの定番曲。
邦題は「悲しみよさようなら」で、落ち込んだ気分から
立ち直りたいと歌っている。冬が終わって春、到来。

6 Still feel like your man / John Mayer
4月の来日公演も大好評だったジョン・メイヤー。
ライブではギター弾きまくりですが、
スタジオ録音ではグッとこらえてメロウな仕上がり。

「東京×宿」東京にあえて泊まってみたら…?①

「東京×宿」東京にあえて泊まってみたら…?②

「東京×宿」東京にあえて泊まってみたら…?③

J-WAVE
『CHINTAI COLORS OF WONDER』

ON AIR 毎週日曜日 12:00-12:54

放送をチェック!

※ 放送エリア外の方は、有料サービス 「radiko.jpプレミアム(エリアフリー)」 にて聴取可能です

変わりゆく「世界都市 TOKYO」
その変化・進化を捉える新番組。

2020年も控え、日々進化・変化を続ける街、東京。
昨年、東京を訪れた外国人は過去最高の3000万人。
日本と世界がますます近くなる中、テクノロジーの進化、更には文化の成熱によって、
そこに暮らす私たちさえもが知らない変化があります。
東京は「世界都市TOKYO」へと、日々変容し続いてるのです。

この番組は、と今日の変化をビビット捉え、底で発見した新しい価値観をりすなーと共有しています。

新しい「TOKYO」と出会う番組。
『CHINTAI COLORS OF WONDER』
それかこの番組が目指すところです。

PERSONALITY
堀口ミイナ

1990 年トルコのイズミ生まれ。
日本とトルコのハーフで、人生の半分を海外(トルコ、パキスタン、イスタンブール)で過ごす。母国語である日本語とトルコ語のほか、英語・スペイン語・中国語の5ヶ国語を話すマルチリンガル。 早稲田大学政治経済部卒業後は三菱商事に勤め、2017年からキャスター、タレントに転身。2018年、J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」で別所哲也の代演を務め好評を得る。東京大学 エグゼクティブ・マネジメント・プログラム修了。
現在、東京大学で「脳と多言語」について研究中。
国内外のフェスに足を運んだり、プライベートでDJするほどの音楽好き。
ワインエキスパート・テキーラマエストロのほか、
TOEIC960 小型船舶操縦士 1級の資格も持つ。
海外の友人も多く、多様な視点で日本や世界を感じ、語ることができる
貴重なキャラクター。

OFFICIAL SNS

TAG

CHINTAI
COLORS OF WONDER

PICK UP

RANKING

TAG