CLUB

SKRILLEX、DIPLOらの登場に六本木SEL OCTAGON TOKYOは連日大熱狂!

5月11日(土)、12日(日)、六本木SEL OCTAGON TOKYOで開催された「EDC Japan 2019 OFFICIAL AFTER PARTY」の模様をレポート。

▽あわせて読みたい!“「EDC Japan 2019」”の記事はコチラ

初日はSKRILLEX、RL GRIME、WHETHAN登場!

六本木SEL OCTAGON TOKYOで開催された「EDC Japan 2019 OFFICIAL AFTER PARTY」の模様をレポート

2日間で8万人を動員した「EDC Japan 2019」。その終了後には都内各地でアフターパーティーが開催されるなか、六本木SEL OCTAGON TOKYOには超ビッグなゲストが連日出演。詰めかけた多くのお客さんの中には、一目でわかる本祭帰りのツワモノも。両日とも満員御礼、フロアは終始大喝采!

「EDC Japan 2019」2日目に出演するシーン期待の若手WHETHANが一足お先にプレイ

初日、11日(土)には「EDC Japan 2019」2日目に出演するシーン期待の若手WHETHANが一足お先にプレイ。さらには、初日のcosmicBEACHを沸かせたRL GRIME(RLグライム)が序盤から“Scylla”やWhat So Notとの“Tell Me”、“Stay For It”といった自身の楽曲で惹き付け、トラップ全開。そんなセットのなかには、この日本祭で共演したTREKKIE TRAX CREW×なかむらみなみの“Reiwa(令和)”も。クールかつ淡々にフロアを魅了していくその姿、キング・オブ・トラップの異名もやっぱりダテじゃない。

初日のcosmicBEACHを沸かせたRL GRIME(RLグライム)

そして、ステージには待ってましたのSkrillex(スクリレックス)。
cosmicBEACHのトリを飾り、熱狂、熱狂、また熱狂渦巻くエンドレスリピート。壮絶なステージを繰り広げた彼は、六本木SEL OCTAGON TOKYOも変わらず圧倒。のっけからJack Ü(ジャックU)の“Jungle Bae”や自身のアンセム“Chicken Soup”、“AGEN WIDA”、“Would You Ever”、さらにはステージ上に立ち煽動。その様はcosmicBEACHで観たデジャヴ……。

 cosmicBEACHのトリを飾り、熱狂、熱狂、また熱狂渦巻くエンドレスリピートし壮絶なステージを繰り広げたSKRILLEX(スクリレックス)

cosmicBEACHで観たデジャヴのようにステージ上に立ち煽動するSKRILLEX(スクリレックス)

その後も宇多田ヒカルの“Simple and Clean”のリミックスあり、Boys Noize (ボーイズ・ノイズ)とのDog Blood(ドッグ・ブラッド)の楽曲あり、自身のヒット曲も次々にプレイ。終盤には懐かしの“BREAKN’ A SWEAT”もあり、Jack Ü“Febreze”、Rick Ross(リック・ロス)との“Purple Lamborghini”、Travis Scott(トラヴィス・スコット)の“SICKO MODE”のリミックスとスクリレックス祭。

自身のヒット曲も次々にプレイするSKRILLEX(スクリレックス)

しかも、「どうもありがとうございました!」とシメたかと思えば、そこからさらに延長戦。
ビッグアンセム“Bangarang”や“Summit”、“KYOTO”などに加え、宇多田ヒカルとの“Face My Fears”でハイライト。本祭に負けず劣らずの大盛り上がりで初日は終了。

「どうもありがとうございました!」とシメたかと思えばそこからさらに延長戦のSKRILLEX(スクリレックス)

そして、2日目に登場したのはDiplo(ディプロ)。
本祭のcosmicBEACH大トリとして大観衆を沸かせたMajor Lazer(メジャー・レイザー)のステージから束の間、六本木SEL OCTAGON TOKYOでも圧巻のDJプレイを披露。Sia(シーア)、Labrinth(ラビリンス)とのユニットLSDの“Audio”で幕を開け、いかにもディプロなワールドワイドなサウンドを展開しつつ、この日はハウスもたっぷり、Guy Gerber(ガイ・ガーバー)やChris Lake(クリス・レイク)などプレイ。

本祭のcosmicBEACH大トリとして大観衆を沸かせたMAJOR LAZER(メジャー・レイザー)のステージから束の間六本木SEL OCTAGON TOKYOでも圧巻のDJプレイを披露するDIPLO(ディプロ)

いかにもDIPLO(ディプロ)なワールドワイドなサウンドを展開

新曲“Give Dem”や“Be Right There”、メジャー・レイザーの“Light it Up”やMark Ronson(マーク・ロンソン)とのユニットSilk City(シルク・シティ)の“Electricity”もありつつ、最後はCardi B(カーディB)の“Bodak Yellow”でクールに締めくくった。

最後はCardi B(カーディB)の“Bodak Yellow”でクールに締めくくったDIPLO(ディプロ)

怒濤の展開を見せる六本木SEL OCTAGON TOKYO。今後の展開にも要注目!

春のスペシャルイベント「ROPPONGI MUSIC WEEKS」に続き、怒濤の展開を見せる六本木SEL OCTAGON TOKYO。今後の展開にも要注目!

OFFICIAL SNS

TAG

CHINTAI
COLORS OF WONDER

PICK UP

RANKING

TAG