FES

新天地へと舞台を移し開催されたULTRA KOREA、今年も大盛り上がり!

6月7日(金)、8日(土)、9日(日)に渡って開催された「ULTRA KOREA 2019」。その模様をレポート。

▽あわせて読みたい!“この夏のフェスファッションの参考に…ULTRA KOREA 2019スナップ”の記事はコチラ

今年から開放感たっぷりの新会場に!

6月7日(金)、8日(土)、9日(日)に渡って開催された「ULTRA KOREA 2019」

通算8回目となる「ULTRA KOREA」。今年は緑に囲まれ、開放感たっぷりの新天地EVERLAND SPEEDWAYで開催。これまでとは雰囲気が異なる会場内には計4つのステージ……サーキットを見下ろす壮大なMAIN STAGEに会場の中心に鎮座するRESISTANCE、さらには巨大なLIVE STAGEとそれに隣接するような形でPARK STAGEが設置。それぞれ違ったロケーション&音楽性があって、楽しみ方もいろいろ。

通算8回目となる「ULTRA KOREA」今年は緑に囲まれ開放感たっぷりの新天地EVERLAND SPEEDWAYで開催

これまでとは雰囲気が異なる会場内には計4つのステージ

「ULTRA KOREA」MAIN STAGE

「ULTRA KOREA2019」会場の中心に鎮座するRESISTANCE

「ULTRA KOREA2019」巨大なLIVE STAGE

「ULTRA KOREA2019」PARK STAGE

さらに、ステージ以外にも様々なブースがあり、なかでも一際存在感を示していたのがDESCENTEブース。アーティカルな立方体の中ではソウルのアンダーグラウンドミュージックシーンで胎動する若きDJ&VJたちが刺激的な空間を演出。前述の4つのステージとはまた異なる空気感が広がっていた。

「ULTRA KOREA2019」一際存在感を示していたのがDESCENTE

アーティカルな立方体の中ではソウルのアンダーグラウンドミュージックシーンで胎動する若きDJ&VJたちが刺激的な空間を演出

その他にも、「ULTRA KOREA」ならでは様々なアートが会場内に点在し、フォトスポットとして大人気。そして、オーディエンスが踊り疲れた体を癒す休憩スポットも多数あったりと至れり尽くせり。

「ULTRA KOREA」ならでは様々なアートが会場内に点在

オーディエンスが踊り疲れた体を癒す休憩スポットも多数あったりと至れり尽くせり

様々なアートが会場内に点在しフォトスポットとして大人気

Porter Robinson、Skrillexらが大活躍!

4ステージの中でもやっぱり大きな盛り上がりを見せたのはMAIN STAGE

4ステージの中でもやっぱり大きな盛り上がりを見せたのはMAIN STAGE。
初日は骨折のためMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)が欠場するも、それをPorter Robinson(ポーター・ロビンソン)がカバー。VIRTUAL SELF(ヴァーチャル・セルフ)〜ポーターのDJセットと立て続けにステージに立ち、オーディエンスを盛り上げた。しかも、そのDJセットがまたオツで、自身のヒット曲はもちろん、マーティン・ギャリックスの“In The Name Of Love”も披露。

続く2日目にはSkrillex(スクリレックス)が圧巻のパフォーマンス

続く2日目には、Skrillex(スクリレックス)が圧巻のパフォーマンス。Travis Scott(トラヴィス・スコット)の“Sicko Mode”からのブリブリマッシュアップで幕を開け、“Chicken Soup”や“Agen Wida”、Jack Ü(ジャックU)やDog Blood(ドッグ・ブラッド)のヒット曲など惜しげもなくプレイ。終止オーディエンスを圧倒しながらラストは宇多田ヒカルとの“Face My Fears”に端を発するこれまた強烈マッシュアップにみんな大満足。あいかわらず本人もノリノリ(ステージにも)。

Skrillex(スクリレックス)あいかわらず本人もノリノリ(ステージにも)。

そして最終日にもSwedish House Mafia(スウェディッシュ・ハウス・マフィア)の出演キャンセルに見舞われながらも最後まで熱狂のMAIN STAGE。

Swedish House Mafia(スウェディッシュ・ハウス・マフィア)の出演キャンセルに見舞われながらも最後まで熱狂のMAIN STAGE

一方、RESISTANCEではJamie Jones(ジェイミー・ジョーンズ)、Art Department(アート・デパートメント)、Hot Since 82(ホット・シンス82)らハウス&テクノの最高峰が連日登場。そしてLIVE STAGEはEDM、ハウス、テクノ、トランス、さらにはR&Bやヒップホップまで連日様々なジャンルが楽しめ、PARK STAGEには日本人DJも数多く出演。それぞれ個性豊かなステージが楽しめた。

RESISTANCEではハウス&テクノの最高峰が連日登場

RESISTANCEステージ

PARK STAGEには日本人も数多く出演

LIVE STAGEはEDM、ハウス、テクノ、トランス、さらにはR&Bやヒップホップまで連日様々なジャンルが楽しめた

それぞれ個性豊かなステージが楽しめた「ULTRA KOREA 2019」

大盛況に終えた「ULTRA KOREA 2019」

大盛況に終えた「ULTRA KOREA 2019」。
日本の「ULTRA JAPAN」は9月14日(土)、15日(日)に開催。現在チケット発売中!

日本の「ULTRA JAPAN」は9月14日(土)、15日(日)に開催。現在チケット発売中!

チケットをチェック

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG