CHINTAI COLORS OF WONDER

「カラワン東京珍スポ巡り!」都内の珍しい、ディープなスポットを紹介。

<2019年6月16日(日)ON AIR>

– 本編テーマ –
今回は「カラワン東京珍スポ巡り!」をテーマにお届けしました。

「珍スポ」とは名前の通り、都内の珍しい、ディープなスポット。
東京の変わったスポット、変わったお店を紹介する
「東京別視点ガイド」というwebサイトの代表松澤茂信さんに
おススメのスポットを伺って、突撃しました。

– 選曲テーマ –
選曲は梅雨の中休み、気持ちのいいサンシャイン、そんなイメージでお届けしました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLORS OF WONDER】番組紹介

– 選曲リスト&コメント –
1.PALCO / GILBERTO GIL
文化大臣を務めたこともあるブラジルを代表するアーティスト、ジルベルト・ジル。トロピカリアというブラジル音楽のムーブメントを牽引。この曲は、1981年リリースのアルバム『ルアール』収録曲。いい天気の日に聴きたい1曲です。

2.KING AND CROSS / ASGEIR
アイスランド出身のシンガーソングライター、アウスゲイル。優美な歌声、正確無比なギター。ライブでもCD音源と変わらない完ぺきなパフォーマンスをする彼の代表曲。最高のクールネス。

3.AS / STEVIE WONDER
1976年に発表されたスティービー・ワンダーの名盤中の名盤『キー・オブ・ライフ』収録曲。当時、グラミー賞最優秀アルバム賞などを獲得したこのアルバムは、ハズレ曲無し!サブスクもいいですけど、ぜひ、CDを買っていただきたい。

4.HAVEN’T WE MET? / KENNY RANKIN
ポップスからジャズ、ボサノヴァまで幅広くカバーするニューヨークを拠点に活躍していたシンガー、ケニー・ランキン。1974年発表のアルバム『Silver Morning』収録曲。晴れた日のカフェ・ミュージックという感じの1曲です。

5.ANYTHING GOES / TONY BENNETT/LADY GAGA
御年92歳、米国を代表するシンガー、トニー・ベネットとアーティストそして女優としても大活躍のレディ・ガガのコラボレート・アルバム『Cheek to cheek』からの1曲。J-WAVEでは、只今「FEEL LIKE JAZZ」キャンペーン実施中です。ジャジーな曲も日曜日のランチタイムに似合いますよね?

6.hungry child / hot chip
イギリスの5人組エレクトロ・ポップ・バンド、ホットチップ。今年の10月に来日公演が行われることが発表されました。通算7作目のニュー・アルバム『A Bathfull of Ecstasy』収録曲です。

「カラワン東京珍スポ巡り!」都内の珍しい、ディープなスポットを紹介。①

「カラワン東京珍スポ巡り!」都内の珍しい、ディープなスポットを紹介。②

J-WAVE
『CHINTAI COLORS OF WONDER』

ON AIR 毎週日曜日 12:00-12:54

放送をチェック!

※ 放送エリア外の方は、有料サービス 「radiko.jpプレミアム(エリアフリー)」 にて聴取可能です

変わりゆく「世界都市 TOKYO」
その変化・進化を捉える新番組。

2020年も控え、日々進化・変化を続ける街、東京。
昨年、東京を訪れた外国人は過去最高の3000万人。
日本と世界がますます近くなる中、テクノロジーの進化、更には文化の成熱によって、
そこに暮らす私たちさえもが知らない変化があります。
東京は「世界都市TOKYO」へと、日々変容し続いてるのです。

この番組は、と今日の変化をビビット捉え、底で発見した新しい価値観をりすなーと共有しています。

新しい「TOKYO」と出会う番組。
『CHINTAI COLORS OF WONDER』
それかこの番組が目指すところです。

PERSONALITY
堀口ミイナ

1990 年トルコのイズミ生まれ。
日本とトルコのハーフで、人生の半分を海外(トルコ、パキスタン、イスタンブール)で過ごす。母国語である日本語とトルコ語のほか、英語・スペイン語・中国語の5ヶ国語を話すマルチリンガル。 早稲田大学政治経済部卒業後は三菱商事に勤め、2017年からキャスター、タレントに転身。2018年、J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」で別所哲也の代演を務め好評を得る。東京大学 エグゼクティブ・マネジメント・プログラム修了。
現在、東京大学で「脳と多言語」について研究中。
国内外のフェスに足を運んだり、プライベートでDJするほどの音楽好き。
ワインエキスパート・テキーラマエストロのほか、
TOEIC960 小型船舶操縦士 1級の資格も持つ。
海外の友人も多く、多様な視点で日本や世界を感じ、語ることができる
貴重なキャラクター。

OFFICIAL SNS

TAG