MUSIC

来日直前、グラミー賞受賞&ハウス界注目のアーティストCIDにインタビュー

2014年にグラミー賞Best Remixed Recordingを受賞し、HEXAGONやSize RecordsなどからオリジナルをリリースするCIDにインタビュー。

グラミー賞にノミネートされるためには…

ハウス&フューチャーハウス界で注目を集めるCID(シド)が7月11日(木)に六本木SEL OCTAGON TOKYOで開催される「ROPPONGI MUSIC WEEKS 2019 SUMMER」に登場

六本木SEL OCTAGON TOKYOのスペシャルイベント「ROPPONGI MUSIC WEEKS 2019 SUMMER」のラストを飾るのは、グラミー賞受賞アーティストであり、ハウス&フューチャーハウス界で今注目を集めるCID(シド)。7月11日(木)にいよいよ登場。

そんな彼の来日を前に、グラミー賞のこと、そしてシーンやパーティーのことについてインタビュー。なんと、グラミー賞にノミネートされるための秘訣まで話してくれただけに要必見。
そして、当日は未発表曲もプレイしてくれるとのこと。ファンならずとも行くしかない!

ハウス&フューチャーハウス界で注目を集めるCID(シド)

——Cedric Gervais(セドリック・ジャーヴェイス)と制作したLana del Rey(ラナ・デル・レイ)“Summertime Sadness”のリミックスが、グラミー賞Best Remixed Recordingを受賞しましたが、そのときはいかがでした?
CID:「本当にビックリしたよ。あのリミックスは確かにいいものができたと思ったけど、1日か2日で作ったからね。それに、あの年のグラミー賞には素晴らしい作品が他にもノミネートされていたから、受賞できたときは本当に驚いた。素晴らしい経験だったし、僕が自分の音楽に専念することに自信を与えてくれたよ」

——今年もLSDの“AUDIO”でグラミー賞にノミネートされましたが、どうしたらノミネートされるんだと思います?
CID:「そもそもグラミー賞にノミネートされる作品を作ろう、と思って作る人はいないと思うよ。音楽には様々な要因があって、世間がどんな反応をするかなんてわからないからね。ただ、リミックスに関してはオリジナルを作ったアーティストの存在は大きい。例えば、LSDはDiplo(ディプロ)とSia(シーア)とLabrinth(ラビリンス)、みんな大物だ。彼らの名前からリミックスに興味を持った人も多いと思う。あとは、リミックスに正しいやり方なんてないんだ。完全に曲を作り変えてしまう人がいれば、オリジナルの特徴を残す人もいる。僕は自分のDJセットにあわせることが大事だと思っていて、それはオリジナルに関してもね」

——オリジナルも?
CID:「オリジナルに関しては特に自分がかっこいいと思う曲を作るし、あとはDJがプレイするような曲を作ろうと思ってる。Steve Angello(スティーヴ・アンジェロ)のSize Recordsから初めて曲を発表したときも、彼が愛するような曲を作ろうって思ってた」

——現在のシーンについてはどう思っていますか?
CID:「いい時代だと思うよ、音楽にとってはね。ストリーミングで簡単に曲を見つけられるし、昔の曲を調べるのも簡単だ。ダンスミュージックシーンについては、EDMは徐々に人気が落ちてきていて、みんなの興味はアンダーグラウンドなスタイルに向き始めているんじゃないかな」

2014年にグラミー賞Best Remixed Recordingを受賞したCID(シド)

——今、注目しているアーティストやレーベルは?
CID:「僕は今、自分なりのハウスを確立しようと思ってる。そんななかで、アーティストで言えば、Biscitsがやっていることはかなり好きだね。ハウスなんだけど壮大なビルドアップとエネルギーがある。レーベルだと、Spinnin’ Recordsと提携して始めたばかりの自分のレーベルNight Service Onlyだね。そこでは僕のクラブトラックをリリースして、次世代アーティストの手助けをしていきたいと思ってる。スティーヴ・アンジェロやTiësto(ティエスト)、Don Diablo(ドン・ディアブロ)などが自分のレーベルでやってきたようにね」

——これまで出演したパーティーの中で、最も印象に残っているものは?
CID:「『EDC Las Vegas 2017』かな。僕にとっては今までで一番大きなショーだった。フェスの後には新しいファンからメッセージをもらうことが多いんだけど、あのときは数ヶ月間それが続いたね」

——あなたにとって理想のパーティーとはどんなものですか?
CID:「難しいね……。フェスでプレイするのも好きだし、アンダーグラウンドなクラブも好きさ。フェスの場合は大抵プレイ時間が短いけど、エネルギーマックスの状態が1時間も続くのはスゴイと思う。一方で、長時間プレイできるアンダーグラウンドなクラブでのプレイも楽しいよ」

——今回は、東京・六本木にできた新たなスポットSEL OCTAGON TOKYOでのプレイになりますが。
CID:「東京は僕のお気に入りの都市だし、SEL OCTAGON TOKYOは素晴らしいクラブだって聞いているから、とてもワクワクしているよ。当日は制作中の未発表曲もプレイするつもりさ」

CID(シド)が出演する「ROPPONGI MUSIC WEEKS 2019 SUMMER」は7月11日(木)に六本木SEL OCTAGON TOKYOで開催

EVENT INFORMATION

2019年6月28日(金)

OPEN:22:00

東京・六本木SEL OCTAGON TOKYO

当日(MEN 24時以降)1,500円(1D) 女性入場無料!

EDM,HOUSE

ACT:CID, DAISHI DANCE, TJO, DJ MARTIN, DJ SONE, DJ SWEEET and more

OFFICIAL SNS

TAG