CHINTAI COLORS OF WONDER

「トーキョー・ニューサイクルライフ」東京の最新自転車事情。

<2019年7月21日(日)ON AIR>

– 本編テーマ –
今回のテーマは「トーキョー・ニューサイクルライフ」。
シェアサイクルの普及、電動自転車の進化など、
どんどん近くなる東京と自転車の距離。
デリバリーレンタサイクルから絶対に盗まれないスマートサイクルまで。
そんな東京の最新自転車事情、探りました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLORS OF WONDER】番組紹介

– 選曲リスト&コメント –
1.Good Enough / Dodgy
イギリスのオルタナティブ・ポップ・バンド、ドッジー。1996年発表の3rdアルバム『フリー・ピース・スウィート』からのスマッシュ・ヒット。グィネス・パルトロウ主演の映画『スライディング・ドア』のサウンドトラックでも印象的に使われました。(この映画面白いです)

2.Make Me Feel / Janelle Minae
アメリカのR&Bシンガーであり、モデルであり女優であるジャネール・モネイの2018年の大ヒット・ナンバー。今年のフジロック・フェスティバルのGREEN STAGEにも登場することがこの夏の話題。

3.Fool On the Hill / Sarah Vaughan
ジャズ・シンガー、サラ・ヴォーンがビートルズ・ナンバーをカバーしたアルバム『Songs of Beatles』から。デヴィット・ペイチほかTOTOの凄腕メンバーによる精密でメロウなAORアレンジでどうぞ。

4.Perfect / Fairground Attraction
エディ・リーダーのヴォーカルをフィーチャーしたちょっとトラッドなポップスを聴かせてくれるUKのバンド、フェアグラウンド・アトラクション。1988年のデビューアルバムからシングル・カットされたこの曲は、全英No.1ヒットとなった彼ら代表曲。

5.Everything That Touches You / The Association
60年代のソフト・ロックの中で代表的なグループ、アソシエイション。洗練されたコード進行とハーモニー。とてもセンスのいいドリーミーな1曲。休日に似合うソフト・ロック・ナンバーです。

6.Inside Voice / Joey Dosik
LA出身のシンガーソングライター、ジョーイ・ドーシック。MOCKYのツアーメンバーとしても知られるソウルフルで洒脱な音楽を聴かせてくれる。レイニーシーズンにぴったりなクール・チューンです。

「トーキョー・ニューサイクルライフ」東京の最新自転車事情①

「トーキョー・ニューサイクルライフ」東京の最新自転車事情②

「トーキョー・ニューサイクルライフ」東京の最新自転車事情③

J-WAVE
『CHINTAI COLORS OF WONDER』

ON AIR 毎週日曜日 12:00-12:54

放送をチェック!

※ 放送エリア外の方は、有料サービス 「radiko.jpプレミアム(エリアフリー)」 にて聴取可能です

変わりゆく「世界都市 TOKYO」
その変化・進化を捉える新番組。

2020年も控え、日々進化・変化を続ける街、東京。
昨年、東京を訪れた外国人は過去最高の3000万人。
日本と世界がますます近くなる中、テクノロジーの進化、更には文化の成熱によって、
そこに暮らす私たちさえもが知らない変化があります。
東京は「世界都市TOKYO」へと、日々変容し続いてるのです。

この番組は、と今日の変化をビビット捉え、底で発見した新しい価値観をりすなーと共有しています。

新しい「TOKYO」と出会う番組。
『CHINTAI COLORS OF WONDER』
それかこの番組が目指すところです。

PERSONALITY
堀口ミイナ

1990 年トルコのイズミ生まれ。
日本とトルコのハーフで、人生の半分を海外(トルコ、パキスタン、イスタンブール)で過ごす。母国語である日本語とトルコ語のほか、英語・スペイン語・中国語の5ヶ国語を話すマルチリンガル。 早稲田大学政治経済部卒業後は三菱商事に勤め、2017年からキャスター、タレントに転身。2018年、J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」で別所哲也の代演を務め好評を得る。東京大学 エグゼクティブ・マネジメント・プログラム修了。
現在、東京大学で「脳と多言語」について研究中。
国内外のフェスに足を運んだり、プライベートでDJするほどの音楽好き。
ワインエキスパート・テキーラマエストロのほか、
TOEIC960 小型船舶操縦士 1級の資格も持つ。
海外の友人も多く、多様な視点で日本や世界を感じ、語ることができる
貴重なキャラクター。

OFFICIAL SNS

TAG