CHINTAI COLORS OF WONDER

東京の食文化の今をキャッチ!「東京は食のダイバーシティ」

<2019年8月18日(日)ON AIR>

– 本編テーマ –
東京は世界に誇る美食の街。
世界中のグルメが集まる一方で文化や習慣、そして宗教の違いなどによって様々な食文化があり、インバウンド向けに細やかな対応の必要性が高まっています。
そこで今週は「東京は食のダイバーシティ」をテーマに東京の食文化の今をキャッチしました。

– 選曲テーマ –
選曲は、夏気分を盛り上げるナンバーを
まさにダイバーシティ、タイムレス&ボーダーレスで選曲しました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLORS OF WONDER】番組紹介

– 選曲リスト&コメント –
1.I’m Still Waiting / Courtney Pine & Carol Thompson
ダイアナ・ロスの楽曲のカバーの中で夏に似合うカバーNo1といえるサックス奏者コートニー・パインによる1990年のトラック。ボーカルはラヴァーズ・レゲエ・シンガーのキャロル・トンプソン。プロデュースはASWADという鉄壁の布陣。曲を聴きながら目を閉じると、海が広がります。

2.Breakdown / Sim Redmond Band
ニューヨーク州イサカ出身の6人組バンドシム・レッドモンド・バンド。サーフ系のイベント「GREEN ROOM FESTIVAL」に出演するなど、そのオーガニックなサーフサウンドで人気。2010年のアルバム『OPEN THE DOOR』収録曲。

3.I Can’t Hear You No Name / Helen Reddy
オーストラリア出身のアメリカで活躍した歌手で女優のヘレン・レディ。1976年にリリースした『Music,Music』というアルバムに収録されているメロウ・チューン。作曲はジェリー・ゴフィン&キャロル・キングという名ソングライターコンビによるもの。いい曲なわけです。

4.On and on / Stephen Bishop
シンガーソングライター、スティーブン・ビショップの代表曲。1977年にリリースされたアルバム『Careless』収録曲で、ビルボードチャート11位まで上がったヒット曲。ジャマイカを舞台にした切ない恋の物語を歌ったサマーチューン。

5.Thinking of you / The Colourfield
元スペシャルズのメンバーだったテリー・ホールを中心とするイギリスはマンチェスター出身のバンド、ザ・カラーフィールド。ちょっとネオアコースティックな雰囲気のリゾート感のある1曲。

6.Pink +White / Frank Ocean
アメリカのR&Bシンガー、フランク・オーシャンが2016年にリリースしたアルバム『Blonde』に収録されている1曲。ビヨンセをフィーチャーしたナンバー。トロピカルでメロウ。夏の日の午後にどうぞ。

東京の食文化の今をキャッチ!「東京は食のダイバーシティ」

J-WAVE
『CHINTAI COLORS OF WONDER』

ON AIR 毎週日曜日 12:00-12:54

放送をチェック!

※ 放送エリア外の方は、有料サービス 「radiko.jpプレミアム(エリアフリー)」 にて聴取可能です

変わりゆく「世界都市 TOKYO」
その変化・進化を捉える新番組。

2020年も控え、日々進化・変化を続ける街、東京。
昨年、東京を訪れた外国人は過去最高の3000万人。
日本と世界がますます近くなる中、テクノロジーの進化、更には文化の成熱によって、
そこに暮らす私たちさえもが知らない変化があります。
東京は「世界都市TOKYO」へと、日々変容し続いてるのです。

この番組は、と今日の変化をビビット捉え、底で発見した新しい価値観をりすなーと共有しています。

新しい「TOKYO」と出会う番組。
『CHINTAI COLORS OF WONDER』
それかこの番組が目指すところです。

PERSONALITY
堀口ミイナ

1990 年トルコのイズミル生まれ。
日本とトルコのハーフで、人生の半分を海外(トルコ、パキスタン、イスタンブール)で過ごす。母国語である日本語とトルコ語のほか、英語・スペイン語・中国語の5ヶ国語を話すマルチリンガル。 早稲田大学政治経済部卒業後は三菱商事に勤め、2017年からキャスター、タレントに転身。2018年、J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」で別所哲也の代演を務め好評を得る。東京大学 エグゼクティブ・マネジメント・プログラム修了。
現在、東京大学で「脳と多言語」について研究中。
国内外のフェスに足を運んだり、プライベートでDJするほどの音楽好き。
ワインエキスパート・テキーラマエストロのほか、
TOEIC960 小型船舶操縦士 1級の資格も持つ。
海外の友人も多く、多様な視点で日本や世界を感じ、語ることができる
貴重なキャラクター。

OFFICIAL SNS

TAG