FES

行く前にチェック! 持ち物・服装・タイムテーブルなどULTRA JAPAN 2019まとめ

いよいよ9月14日(土)に開幕する「ULTRA JAPAN 2019」に向け最後のチェック。

写真付きの身分証を忘れずに!

「ULTRA JAPAN 2019」に絶対に持っていかなくていけないものとしては、まず必要なのは「チケット」。そして、「写真付きの身分証」を忘れずに。これがないと会場に入れない!

その他、「財布」や「携帯(スマホ)」、さらには「タオル」や「ハンカチ」はもちろん、念のため「レインコート」もあるとベター(雨が降った場合は、周辺のお店でもすぐに売り切れてしまうので)。
あとは、ここ数日ちょっと涼しげなだけに「上着」、踊りまくって汗をかいたときなどのための「着替え」も。会場内にはロッカーも用意されているので、そこに入れておくと便利(ただし、早めにいかないとなくなってしまうかも……)。

また、「日焼け止め」や「サングラス」もあった方がいいし、まさかのための「モバイルバッテリー」も。写真を撮ったり、SNSをアップしたり、友達とこまめに連絡していると意外と充電がなくなることも。

持ち込み禁止のものもあるので要注意!
「飲食物」や「楽器など音の鳴るもの」、そして「傘」、「自撮り棒(セルフィースティック)」などもアウト! さらには、「ビン・缶類」や「花火などの危険物」もNG。

どんな格好で行けばいい? 会場内では公式グッズあり!

9月14日(土)、15日(日)に東京・お台場TOKYO ODAIBA ULTRA PARK IIで開催される「ULTRA JAPAN 2019」

当日の服装は、とにかく動きやすいのが一番! とはいえ、オシャレはしたいもの。ちなみに今年の海外の「ULTRA」ではネオンやメタリックカラーがトレンド。

あとは、会場内には公式グッズも販売しているので、それをゲットするのもアリ。これも早く行かないと行列&なくなっちゃうかも!?

最後に、会場までのアクセスはコチラ↓↓

タイムテーブル&会場マップも要チェック!

今年も豪華アーティストが続々登場。それだけにテイムテーブルは行く前に要確認。誰を見て、いつ休憩するかなど、ある程度考えておくと当日より楽しめる!

「ULTRA JAPAN 2019」初日のタイムテーブル

「ULTRA JAPAN 2019」2日目のタイムテーブル

また、今年は会場が新レイアウトに!
メインステージULTRA MAINSTAGEには今年も「LADIES AREA」が登場。そして、ステージの正面にはVIP専用チルアウトスペース「ULTRA LOUNGE」が。
一方、ULTRA PARKでは音楽・ファッション・アート・パフォーマンスが融合し、メインとはまた違った世界観が楽しめる。

さらに、ULTRA PARKにはモバイルバッテリーを貸し出しするスポット「チャージングステーション」が設置。もしものときはぜひこちらで。

「ULTRA JAPAN 2019」の会場マップ

また、今回は会場内でこんな↓↓企画も!

終了後のお楽しみ…アフターパーティーも開催!

「ULTRA JAPAN 2019」の終了後には都内のクラブでアフターパーティーが開催!

六本木SEL OCTAGON TOKYOと麻布十番 ELE TOKYOでは14、15日の両日。そして、渋谷CLUB CAMELOTでは14日(土)、渋谷ATOM TOKYOは15日(日)のみ開催。

また、渋谷WOMBでは14日(土)にテクノ&ハウスのステージRESISTANCEを独占開催!

その他、当日会場に行けない人のために生配信も決定!

6回目との開催となる「ULTRA JAPAN」をみんなで楽しもう!

OFFICIAL SNS

TAG