FES

2日目はGalantis、Afrojackが登場! 今年も大盛況のULTRA JAPAN 2019レポート

9月14日(土)、15日(日)、お台場で開催された「ULTRA JAPAN 2019」の模様をレポート!

初日・2日目は連日3万人以上が大熱狂!

2019年9月15日(日)に東京・お台場で開催された「ULTRA JAPAN 2019」の2日目レポートを公開

今年は会場レイアウトが変わり、コンテンツが増した「ULTRA JAPAN 2019」。もちろん、ウルトラな海外アーティストも続々登場し、両日3万人以上のオーディエンスが来場。今回も大きな盛り上がりをみせた。

「ULTRA JAPAN 2019」は両日とも3万人以上のオーディエンスが来場

14日(土)には日本初お披露目となるPendulum TRINITY(ペンデュラム・トリニティ)にパーティーモンスターSteve Aoki(スティーヴ・アオキ)、そしてDJ SNAKE(DJスネイク)らが登場し、初日から大熱狂。

そして2日目15日(日)、初日を超える暑さの中でもオーディエンスは終始大喝采。客足も前日以上に早く、会場には続々とオーディエンスが詰めかけるなか、最初の大きな盛り上がりを見せたのはULTRA MAIN STAGEのDJ TORA。クラブでも大活躍中の彼はこれでもかとアンセムを連発する、祝祭感溢れまくりのセットで一気に観客の心をキャッチ。そして、その勢いをさらにKSUKEが加速。「ULTRA JAPAN」の常連だけにもはやフロアの空気感を掴むのもおてのもの。日本人アーティストとしての気概をたっぷりと見せつける。

「ULTRA JAPAN 2019」2日目に出演したDJ TORA

「ULTRA JAPAN 2019」2日目に出演したKSUKE

日本人と言えば、ULTRA PARK STAGEは完全オールジャパン。今年もOnitsuka Tigerとコラボレーションし、アートとパフォーマンスが共存するなか、DJ BABY-TやMITOMI TOKOTOら実力派とともに今後を担う若いアーティストも奮闘。ULTRA MAIN STAGEではGalantis(ギャランティス)やAfrojack(アフロジャック)がプレイする裏でも、トリをつとめたSA!Dらが気を吐いていた。

「ULTRA JAPAN 2019」とOnitsuka TigerがコラボしたULTRA PARK STAGEに出演のMITOMI TOKOTO

今年は新たなコンテンツが加わり、より心地よい空間に!

「ULTRA JAPAN 2019」には2つのステージの他VIP専用のULTRA LOUNGEやチルアウトエリアなども用意

今年は2つのステージの他、VIP専用のULTRA LOUNGEやチルアウトエリアでは、ただ盛り上がるだけじゃなく快適さの部分でもパワーアップ。特にULTRA LOUNGEはULTRA MAIN STAGEを見渡しながらくつろげるなんとも有意義な空間に。次はVIPを! と思った人も多いハズ(実際すごく快適だった!)。

「ULTRA JAPAN 2019」に登場したVIP専用のULTRA LOUNGE

「ULTRA JAPAN 2019」に登場したVIP専用のULTRA LOUNGE②

また、ULTRA PARK STAGEも装飾やステージ造作がかなり凝っていて、インスタ映えしそうなスポットも盛りだくさん。そして、例年人気のレディースエリアやヘアメイクブースの他、会場内をチュッパチャップスがポップに彩っていたり、モバイルバッテリーをレンタルできるチャージングステーションなどが登場し、ホスピタリティも増し増し。こういったオーディエンス・ファーストなところはさすが「ULTRA JAPAN」。

「ULTRA JAPAN 2019」にはチルアウトエリアも

「ULTRA JAPAN 2019」とコラボしたOnitsuka Tiger

とはいえ、やっぱりみんなのお目当ては会場一体となる格別の盛り上がり感。ULTRA MAIN STAGEではサイケデリックトランス界の雄Infected Mushroom(インフェクテッド・マッシュルーム)が海外勢の口火を切り、ここからさらなる展開に。彼らのパワフルなサイケのビートは確実にフロアを圧倒し、初日のNetsky(ネットスカイ)やペンデュラム・トリニティによるドラムンベースとともに、「ULTRA JAPAN」に新風を吹き込んでいた(実際、サイケの威力はスゴかった!)。

「ULTRA JAPAN 2019」に出演したInfected Mushroom(インフェクテッド・マッシュルーム)

Galantis、Afrojackによる圧巻のパフォーマンス

「ULTRA JAPAN 2019」に出演したKAYZO(ケイゾー)

その後も、世界中で活躍するKAYZO(ケイゾー)がフェスティバルライクなサウンドとサービス精神たっぷりのパフォーマンスで会場をさらに盛り上げ、復活後初来日となるThe Return of Dash Berlin(ザ・リターン・オブ・ダッシュ・ベルリン)がステージへ。祝・復活&久々の来日とあってか、それはそれはテンション高く、自身の楽曲はもちろんAlan Walker(アラン・ウォーカー)、Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)、ZEDD(ゼッド)、Avicii(アヴィーチー)などのスーパーヒット曲を惜しげもなく投下。

「ULTRA JAPAN 2019」に出演したThe Return of Dash Berlin(ザ・リターン・オブ・ダッシュ・ベルリン)

そして、いよいよ「ULTRA JAPAN 2019」もクライマックスへ。
日本でも大人気のギャランティスは、相変わらずステージに打楽器を持ち込み、冒頭から叩きまくりでオーディエンスも沸きまくり。“Love On Me”や“Spaceship”などの人気曲がプレイされるなかでも別格だったのは“No Money”、そして“Runaway (U & I)”。もはや大舞台で何度聴いたことかわからないけれど、それでも大盛り上がり&大合唱がこだまする、改めてスゴイ楽曲だと再確認。ちなみに、その他だとSebastian Ingrosso & Tommy Trashの“Reload”、Showtek(ショウテック)の“Booyah”も鬼モリ。

「ULTRA JAPAN 2019」に出演したGalantis(ギャランティス)

2日間に渡る「ULTRA JAPAN 2019」の大トリはアフロジャック。彼もまた何度聴いてもスゴ過ぎるそのプレイはもはや匠の技。オリジナルのマッシュアップ連発、超クイックに曲が展開していき、絶対にオーディエンスを飽きさせることないそのセット。自身の楽曲たっぷり、フロアアンセムたっぷりで世界を魅了するのも頷ける。ただ、特に胸熱だったのはラスト15分……。

「ULTRA JAPAN 2019」に出演したAfrojack(アフロジャック)

Zomboy(ゾンボーイ)からのTravis Scott(トラヴィス・スコット)“Sicko Mode”を発端とした、David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)らとの“Dirty Sexy Money”などを加えたドープな極上マッシュアップでフロアを狂喜させつつ、そこから三代目 J SOUL BROTHERSの“Summer Madness”をぶちかまし、Daft Punk(ダフト・パンク)の“One More Time”と自身のヒット曲“Ten Feet Tall”で大合唱(ちなみに初日のDJスネイクも最後に“One More Time”〜“Losing It”)。

「ULTRA JAPAN 2019」の大トリを務めたAfrojack(アフロジャック)

さらなるマッシュアップが連発され、ラストはAvicii(アヴィーチー)の“Wake Me Up”で大円団。会場は変わるも盛り上がりは相変わらず、今年も「ULTRA JAPAN」はスゴかった!

「ULTRA JAPAN 2019」ラストはAvicii(アヴィーチー)の“Wake Me Up”で大円団

OFFICIAL SNS

TAG