CHINTAI COLORS OF WONDER

様々な競技がプロ化しプロリーグが発足。 そんなスポーツの新しい動きをピックアップ

2019年9月15日(日)ON AIR

<本編テーマ>
東京のカラフルな今をキャッチする「カラワン」。
いよいよスポーツの秋を目前に控え、
「プロ化のサードウェーブ、きてます!」をテーマにお送りしました。
プロスポーツといえば、
サッカーのJリーグやバレーボールのVリーグなど色々ありますが、
実は今、様々な競技が、プロ化し、プロリーグが発足しているんです。
そんなスポーツの新しい動きをピックアップしました。

– 選曲テーマ –
選曲はいつもながら、日曜日のランチタイムに似合う曲を
タイムレス、ボーダーレスに選曲しました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLORS OF WONDER】番組紹介

– 選曲リスト&コメント –
1.Free / Deniece Williams
デニース・ウィリアムスが1976年に発表した『This is Niecy』に収録されていた彼女の代表曲。アース・ウィンド&ファイアのモーリス・ホワイトがプロデュースしたメロウ・ソウルの傑作です。

2.Clueless / The Marias
LAで結成された5人組のネオソウル・グループ、ザ・マリアス。最新のセカンドEP『Superclean Vo.2』収録曲。ライトでドリーミー、まさに新時代のソウル・ミュージック。

3.Ruaway / A Hundred Birds feat. Natasha Watts
22人編成のジャジーなオーケストラがナターシャ・ワッツをゲストに迎えて、大阪で行ったライブを収録したライブ・アルバムから。オリジナルはさるソウル・オーケストラ・フィーチャリング・ロレッタ・ハロウェイの名曲。ちょっと気持ちが上がるナイス・カバー。

4.Down in Brazil / Michael Franks
AORの代表的なアーティスト、マイケル・フランクスが1977年に発表した名盤『スリーピング・ジプシー』収録曲。プロデューサーはトミー・リピューマ、メンバーはジョー・サンプル、ラリー・カールトン、デビッド・サンボーン、マイケル・ブレッカーなどなど。ボサノヴァ・ポップの名曲です。

5.Because / The Dave Clark Five
ドラマーのデイブ・クラークを中心とした5人組、デイブ・クラーク・ファイブが1964年に発表した名曲。時代を超えても色褪せない美しいメロデイはビートルズとも比較される存在だった。こういう曲がサラッと流れるのが「カラワン」流です。

6.Travel the world / Vladimir Cetkar
マケドニア出身、現在はニューヨークをベースに活動するギタリスト、ウラジミール・チェトカーの5年ぶりのサード・アルバム『ゴーイング・ホーム』から。現代のAORともいうべき極上サウンドです。

様々な競技がプロ化しプロリーグが発足。 そんなスポーツの新しい動きをピックアップ①

様々な競技がプロ化しプロリーグが発足。 そんなスポーツの新しい動きをピックアップ②

様々な競技がプロ化しプロリーグが発足。 そんなスポーツの新しい動きをピックアップ③

J-WAVE
『CHINTAI COLORS OF WONDER』

ON AIR 毎週日曜日 12:00-12:54

放送をチェック!

※ 放送エリア外の方は、有料サービス 「radiko.jpプレミアム(エリアフリー)」 にて聴取可能です

変わりゆく「世界都市 TOKYO」
その変化・進化を捉える新番組。

2020年も控え、日々進化・変化を続ける街、東京。
昨年、東京を訪れた外国人は過去最高の3000万人。
日本と世界がますます近くなる中、テクノロジーの進化、更には文化の成熱によって、
そこに暮らす私たちさえもが知らない変化があります。
東京は「世界都市TOKYO」へと、日々変容し続いてるのです。

この番組は、と今日の変化をビビット捉え、底で発見した新しい価値観をりすなーと共有しています。

新しい「TOKYO」と出会う番組。
『CHINTAI COLORS OF WONDER』
それかこの番組が目指すところです。

PERSONALITY
堀口ミイナ

1990 年トルコのイズミル生まれ。
日本とトルコのハーフで、人生の半分を海外(トルコ、パキスタン、イスタンブール)で過ごす。母国語である日本語とトルコ語のほか、英語・スペイン語・中国語の5ヶ国語を話すマルチリンガル。 早稲田大学政治経済部卒業後は三菱商事に勤め、2017年からキャスター、タレントに転身。2018年、J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」で別所哲也の代演を務め好評を得る。東京大学 エグゼクティブ・マネジメント・プログラム修了。
現在、東京大学で「脳と多言語」について研究中。
国内外のフェスに足を運んだり、プライベートでDJするほどの音楽好き。
ワインエキスパート・テキーラマエストロのほか、
TOEIC960 小型船舶操縦士 1級の資格も持つ。
海外の友人も多く、多様な視点で日本や世界を感じ、語ることができる
貴重なキャラクター。

OFFICIAL SNS

TAG