HOT

PERSONAL BUYER、新たなゲストバイヤーにTENDRE(河原太朗)が参加!

アーティストや著名人が本人に代わってレコードを購入し、届けてくれるサービス「PERSONAL BUYER」。その新たなゲストバイヤーが発表された。

TENDRE(河原太朗)が選ぶレコードは?

アーティストや著名人が本人に代わってレコードを購入し届けてくれるサービス「PERSONAL BUYER」

アーティストや著名人が申込み者の代わりにアナログ・レコードを購入し、届けてくれる、レコードコレクターアプリREVINYLにて展開中のサービス「PERSONAL BUYER」。
これまでゲストバイヤーとしてD.A.N.や水曜日のカンパネラのコムアイ、サカナクションの江島啓一、WONKの荒田洸、島田翼 (PRIZMAX)、TOMOMI(SCANDAL)、社長(SOIL&”PIMP”SESSIONS)らが参加してきたが、新たなバイヤーとしてTENDRE(河原太朗)が登場。
Yogee New Wavesや今注目のSIRUP、さらにはCharaなど数多くのアーティストのプロジェクトに参加しつつ、2017年にはソロデビューしたTENDRE。ベーシスト、歌手、プロデューサーとして活躍し、さらには鍵盤、サックスもこなす、まさにマルチなアビリティは音楽関係者やメディア、レコードショップなどから大きな支持を獲得している。

TENDRE(河原太朗)からはコメント届いているので紹介。

Yogee New Wavesや今注目のSIRUP、さらにはCharaなど数多くのアーティストのプロジェクトに参加しつつ、2017年にはソロデビューしたTENDRE。

TENDRE(河原太朗)
「『あの人が選ぶレコードを』ってキャッチコピーの通り、好きなアーティストが選ぶレコードを手にできる選択肢があるのはすごくいいなって。レコードって嗜好品であって特別なもの。そのアーティストがどういう意図を持ってレコードを手にしているのか、どういう音楽をレコードで聴いていたりするのか、その感覚を知ることで音楽性の幅も広がると思います」

なお、PERSONAL BUYERの公式サイトではTENDRE(河原太朗)がどんな音楽を選ぶのか、そのヒントとなるインタビューが紹介されているのでぜひチェックを。

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG