CHINTAI COLORS OF WONDER

「トーキョー・タイムトリップ“昭和編”」実は今、若者を中心に音楽やファッションなど 「昭和的なもの」が注目を集めています!

2019年10月13日(日)ON AIR

<本編テーマ>
東京のカラフルな今をキャッチする「カラワン」。

令和になって、5ヶ月。
実は今、若者を中心に音楽やファッションなど
「昭和的なもの」が注目を集めています!
今回は「トーキョー・タイムトリップ“昭和編”」をテーマに
令和の時代に”昭和”を感じられるスポットを取材しながら、
なぜ今、昭和が受けているのか?
その秘密を探ってみましました。

– 選曲コメント –
選曲はいつもながら、日曜日のランチタイムに似合う曲を中心に
昭和の時代にも聴かれた色褪せないナンバーや
昭和のシティポップに影響を受けた海外の楽曲など
タイムレス、ボーダーレスに選曲しました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLORS OF WONDER】番組紹介

– 選曲リスト&コメント –
1.Nothing But A Song / Tiago Iorc


ブラジル出身のシンガー・ソングライター、ティアゴ・イオルク。
ブラジル、アメリカ、イギリスで過ごしたことから培われたナチュラルかつインターナショナルな音楽性、“Amazing Voice”と評された歌声が魅力です。
2008年のデビューアルバム「Let Yourself In」に収録された秋にぴったりのナンバー。

2.California / Mindy Gledhill 


カリフォルニア出身の女性シンガー・ソングライターで大学在学中の2004年にデビューしたミンディ・グレッドヒル。キュートでコケティッシュな歌声と豊かなメロディはポップス版“Blossom Dearie”のよう。この曲はサードアルバム「Anchor」に収録 。

3.I Feel Fine / The Beatles 


イギリスでは1964年に発売されたビートルズ8枚目のオリジナルシングル。
ビートルズの初来日公演と中野ブロードウェイの開業はともに昭和41年で一緒なんだとか。この曲も日本武道館で演奏されました。

4.Chamber of Reflection / Mac DeMarco 
カナダ出身のシンガー・ソングライター、マック・ デマルコ。
現代の欧米の若い世代に日本の音楽を伝えるインフルエンサー的な存在といえます。この曲は日本のセキトオ・シゲオのナンバーを引用。

5.1,000 TIMES(Acoustic Version) / Tahiti80 
今年バンド結成20周年を迎えるフランスのバンド TAHITI 80が、
これまで発表してきた人気曲をアコースティック・バージョンにリアレンジを施した
アニバーサリー・アルバム「Fear Of An Acoustic Planet」に収録。
アコースティック・バージョンにアレンジすることで、
彼らのメロディ・センスがより強調されています。

6.At Last / Carol Stevens with Phil Moore’s Music
フィラデルフィア出身、モデルとしても活躍した才色兼備の歌姫、キャロル・スティーブンスが官能的なスキャットを披露した1957年のアルバム「THAT SATIN DOLL」に収録。当時のニューヨークを代表するジャズ系スタジオ・ミュージシャンが参加したサウンドも秀逸です。

「トーキョー・タイムトリップ“昭和編”」実は今、若者を中心に音楽やファッションなど 「昭和的なもの」が注目を集めています!①

「トーキョー・タイムトリップ“昭和編”」実は今、若者を中心に音楽やファッションなど 「昭和的なもの」が注目を集めています!②

「トーキョー・タイムトリップ“昭和編”」実は今、若者を中心に音楽やファッションなど 「昭和的なもの」が注目を集めています!③

「トーキョー・タイムトリップ“昭和編”」実は今、若者を中心に音楽やファッションなど 「昭和的なもの」が注目を集めています!④

「トーキョー・タイムトリップ“昭和編”」実は今、若者を中心に音楽やファッションなど 「昭和的なもの」が注目を集めています!⑤

J-WAVE
『CHINTAI COLORS OF WONDER』

ON AIR 毎週日曜日 12:00-12:54

放送をチェック!

※ 放送エリア外の方は、有料サービス 「radiko.jpプレミアム(エリアフリー)」 にて聴取可能です

変わりゆく「世界都市 TOKYO」
その変化・進化を捉える新番組。

2020年も控え、日々進化・変化を続ける街、東京。
昨年、東京を訪れた外国人は過去最高の3000万人。
日本と世界がますます近くなる中、テクノロジーの進化、更には文化の成熱によって、
そこに暮らす私たちさえもが知らない変化があります。
東京は「世界都市TOKYO」へと、日々変容し続いてるのです。

この番組は、と今日の変化をビビット捉え、底で発見した新しい価値観をりすなーと共有しています。

新しい「TOKYO」と出会う番組。
『CHINTAI COLORS OF WONDER』
それかこの番組が目指すところです。

PERSONALITY
堀口ミイナ

1990 年トルコのイズミル生まれ。
日本とトルコのハーフで、人生の半分を海外(トルコ、パキスタン、イスタンブール)で過ごす。母国語である日本語とトルコ語のほか、英語・スペイン語・中国語の5ヶ国語を話すマルチリンガル。 早稲田大学政治経済部卒業後は三菱商事に勤め、2017年からキャスター、タレントに転身。2018年、J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」で別所哲也の代演を務め好評を得る。東京大学 エグゼクティブ・マネジメント・プログラム修了。
現在、東京大学で「脳と多言語」について研究中。
国内外のフェスに足を運んだり、プライベートでDJするほどの音楽好き。
ワインエキスパート・テキーラマエストロのほか、
TOEIC960 小型船舶操縦士 1級の資格も持つ。
海外の友人も多く、多様な視点で日本や世界を感じ、語ることができる
貴重なキャラクター。

OFFICIAL SNS

TAG