CLUB

第二のチェンスモはダテじゃない! Lost Kings初来日公演レポート

10月19日(土)、アメリカLAの新世代ヒットメイカーLost Kings(ロスト・キングス)が六本木SEL OCTAGON TOKYOに登場!

▽あわせて読みたい!“Lost Kings”の関連記事はコチラ

ビッグフェスを沸かせる圧巻のプレイでフロア大熱狂!

10月19日(土)、アメリカLAの新世代ヒットメイカーLost Kings(ロスト・キングス)が六本木SEL OCTAGON TOKYOに登場!

遂にやってきたロスト・キングス!
ヒット曲連発、さらにはその有り余るポテンシャルの高さから第二のThe Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)と称される彼ら。楽曲の良さはもちろんのこと、DJプレイもまたものスゴく……。それこそ近年「Ultra Music Festival」や「Ultra Europe」などのビッグフェスを沸かせる注目株。そんなロスト・キングスの初来日とあって、会場となった六本木SEL OCTAGON TOKYOは早々に大入り、熱気ムンムン。

大歓声に迎えられ登場した彼らは、しょっぱなからアクセル全開。“Too Far Gone”や“Stuck”、“First Love”、“LA & The Parties”といった自身のヒット曲のオリジナル&リミックスを続々プレイし、さらには細マッチョのNick Shanholtz(ドクター・ニック)がDJブースに立ち、フロアを煽りまくり(その後も何かと煽動しまくり)。これぞ今まさに勢い絶好調のロスト・キングス、いきなりオーディエンスを圧倒。

細マッチョのNick Shanholtz(ドクター・ニック)がDJブースに立ちフロアを煽りまくり(その後も何かと煽動しまくり)

しかも、セットの緩急もさすがなもので、EDM、ヒップホップ、ハウス、トラップなど様々なジャンルを横断しながら、歌モノで盛り上げたかと思えば一気にディープになり、そしてまたビッグアンセムで再び熱狂に導いたりとまるでジェットコースター。オーディエンスも大喜び。

序盤からSkrillex(スクリレックス)あり、Daft Punk(ダフト・パンク)の“One More Time”で盛り上がり、さらにはGammer(ガマー)にPost Malone(ポスト・マローン)。そしてSebastian Ingrosso(セバスチャン・イングロッソ)の“Calling”の超絶マッシュアップに加え、Swedish House Mafia(スウェディッシュ・ハウス・マフィア)で大熱狂と、とにもかくにも破壊力抜群。

序盤からSkrillex(スクリレックス)あり、Daft Punk(ダフト・パンク)の“One More Time”で盛り上がり

中盤も自身の楽曲を随所に折り込みつつ、大御所The Game(ザ・ゲーム)やDr. Dre(ドクター・ドレ)の“Still D.R.E.”の一方でLil Nas X(リズ・ナズ・エックス)、さらにはDog Blood(ドッグ・ブラッド)の“TURN OFF THE LIGHTS”やJax Jones(ジャックス・ジョーンズ)の“All Day And Night”で熱狂したかと思えば、往年のディスコやThe White Stripes(ザ・ホワイト・ストライプス)の“Seven Nation Army”なども飛び出すなど変幻自在。

ラストは“Anti-Everything”に“When We Were Young”、そして新曲“Feather”でフィナーレ。1時間半に渡って、エンターテインメント性溢れるセットで終止オーディエンスを熱狂させ続けた。

ラストは“Anti-Everything”に“When We Were Young”、そして新曲“Feather”でフィナーレ

世界が注目するのも頷ける、その実力をたっぷりと見せつけてくれたロスト・キングス。ぜひ再来日してほしい!

世界が注目するのも頷ける、その実力をたっぷりと見せつけてくれたロスト・キングス。ぜひ再来日してほしい!

SEL OCTAGON TOKYOオフィシャルサイト

OFFICIAL SNS

TAG