CHINTAI COLORS OF WONDER

「新しい建物・残したい建物」。来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、 さらに加速する東京の建築の今。

2019年11月10日(日)ON AIR

<本編テーマ>
東京のカラフルな今をキャッチする「カラワン」。

11月10日のテーマは「新しい建物・残したい建物」。
老朽化したオフィスビルの建て替えや再開発など、新陳代謝が進む東京の街。
来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、
さらに加速する東京の建築の今、そんな中でも残したい建築、
その両方をチェックしてみました!

– 選曲テーマ –
選曲はいつもながら、日曜日のランチタイムに似合う曲を中心に
残していきたい名曲のカヴァー、東京の街に似合う曲など
タイムレス、ボーダーレスに選曲しました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLORS OF WONDER】番組紹介

– 選曲リスト&コメント –
1.Foundations / Kate Nash


UKの女性シンガーソングライター、ケイト・ナッシュが若干二十歳で発表した
2007年のデビュー・アルバム『Made Of Bricks』に収録。
マルチ・プレイヤー、ポール・エプワースのプロデュースで
ダンサブルな打ち込みのリズムに、キラキラとかわいいピアノやシンセが響く
ガールズ・ポップ・チューンになっています。

 

2.Mr. Blue Sky / Weezer


1992年結成のカリフォルニアのオルタナティブロックバンド、Weezerが
メジャーなポップスをカヴァーしたアルバム「Weezer (Teal Album)」に収録。
オリジナルはELO (Electric Light Orchestra)が1977年に発表したナンバーですが、
軽快なリズムとコーラスワークはそのままに、見事にカヴァーしています。

 

3.Venha Até Minha Casa / Filó Machado
ブラジルのシンガーソングライター、Filo Machado、1984年のアルバム「Canto Fatal」に収録。独特の温かみのある歌声、程よく欧米のソウルミュージックのエッセンスをまぶしたようなサウンドはAOR的なアプローチからも評価の高いナンバー。

 

4.Love It or Leave It / Tess Henley


アメリカ・シアトルの女性ソウルシンガー、Tess Henley。
プロのシンガーだった母親と、レコードコレクターだった父親の影響を受けた
天性の歌声が魅力です。2019年リリースの最新EP「Better」に収録。

 

5.I Get You (feat. Lizzy Land) / Kasbo
クオリティの高いDJ/プロデューサーを次々と生み出すスウェーデン出身の
トロピカル・ハウス、チル・アウトEDMプロデューサー、Kasbo(カスボ)の最新作。
LAのシンガーLizzy Landの透き通るような歌声も美しい
フューチャーポップサウンドとなっています。

 

6.City Lights feat. Seth Timbs (Fluid Ounces) / Fantastic Plastic Machine


田中知之のソロプロジェクト「Fantastic Plastic Machine」、
2001年のアルバム「contact」に収録。
都会のビルの夜景に似合う、流れるようにエレガントなポップスです。

 

「新しい建物・残したい建物」。来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、 さらに加速する東京の建築の今、そんな中でも残したい建築、 その両方をチェックしてみました!①

「新しい建物・残したい建物」。来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、 さらに加速する東京の建築の今、そんな中でも残したい建築、 その両方をチェックしてみました!②

「新しい建物・残したい建物」。来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、 さらに加速する東京の建築の今、そんな中でも残したい建築、 その両方をチェックしてみました!③

J-WAVE
『CHINTAI COLORS OF WONDER』

ON AIR 毎週日曜日 12:00-12:54

放送をチェック!

※ 放送エリア外の方は、有料サービス 「radiko.jpプレミアム(エリアフリー)」 にて聴取可能です

変わりゆく「世界都市 TOKYO」
その変化・進化を捉える新番組。

2020年も控え、日々進化・変化を続ける街、東京。
昨年、東京を訪れた外国人は過去最高の3000万人。
日本と世界がますます近くなる中、テクノロジーの進化、更には文化の成熱によって、
そこに暮らす私たちさえもが知らない変化があります。
東京は「世界都市TOKYO」へと、日々変容し続いてるのです。

この番組は、と今日の変化をビビット捉え、底で発見した新しい価値観をりすなーと共有しています。

新しい「TOKYO」と出会う番組。
『CHINTAI COLORS OF WONDER』
それかこの番組が目指すところです。

PERSONALITY
堀口ミイナ

1990 年トルコのイズミル生まれ。
日本とトルコのハーフで、人生の半分を海外(トルコ、パキスタン、イスタンブール)で過ごす。母国語である日本語とトルコ語のほか、英語・スペイン語・中国語の5ヶ国語を話すマルチリンガル。 早稲田大学政治経済部卒業後は三菱商事に勤め、2017年からキャスター、タレントに転身。2018年、J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」で別所哲也の代演を務め好評を得る。東京大学 エグゼクティブ・マネジメント・プログラム修了。
現在、東京大学で「脳と多言語」について研究中。
国内外のフェスに足を運んだり、プライベートでDJするほどの音楽好き。
ワインエキスパート・テキーラマエストロのほか、
TOEIC960 小型船舶操縦士 1級の資格も持つ。
海外の友人も多く、多様な視点で日本や世界を感じ、語ることができる
貴重なキャラクター。

OFFICIAL SNS

TAG

CHINTAI
COLORS OF WONDER

PICK UP

RANKING

TAG