HOT

世界文化遺産、京都・上賀茂神社で現代電子音楽界の巨匠の貴重なライブが実現

2019年12月14日(土)、京都・上賀茂神社で「REITEN presents GANCHIKU PROJECT “Multi Sound Ambient Live Performances”」開催。

世界文化遺産で現代電子音楽の初ライブ

「REITEN presents GANCHIKU PROJECT “Multi Sound Ambient Live Performances”」の舞台となる京都・上賀茂神社

古都・京都でも最も歴史が古く、由緒ある上賀茂神社。ユネスコの世界文化遺産にも登録されている格式高いその場所で、イギリスの現代電子音楽界の巨匠Mark Fell(マーク・フェル)がマルチサウンド・アンビエントライブを行なうことが発表された。上賀茂神社では、過去に葉加瀬太郎などのライブが行なわれてきたが電子音楽のパフォーマンスは史上初。

「REITEN presents GANCHIKU PROJECT “Multi Sound Ambient Live Performances”」に出演するMark Fell(マーク・フェル)

マーク・フェルは電子音響ユニットSNDとして活躍し、ソロとしてもMille Plateaux、Raster-Notonといった名門レーベルからリリース。マイクロスコピック(微細)なる概念を打ち出し、そのきめ細かなサウンドは世界でも賞賛されているアーティスト。
そんなマーク・フェルと上賀茂神社、今回はなんと150人限定という超貴重なライブになっており、前売が規定人数に達した場合は当日券の販売もないのでお見逃しなく。

チケットをチェック

なお、当日はマーク・フェルの他、Planet MuやDeath of RaveからリリースするRian Treanorと、NHK yk Koyxen名義でDFA records、Raster-NotonなどからリリースしているKohei Matsunagaも出演。

12月14日(土)に京都・上賀茂神社で「REITEN presents GANCHIKU PROJECT “Multi Sound Ambient Live Performances”」が開催

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG