HOT

PERSONAL BUYER、新たなゲストバイヤーにKan Sanoが参加!

アーティストや著名人が本人に代わってレコードを購入し、届けてくれるサービス「PERSONAL BUYER」。その新たなゲストバイヤーが発表された。

▽あわせて読みたい!“PERSONAL BUYER、新たなゲストバイヤーにGLIM SPANKYが参加!”の記事はコチラ

Kan Sanoが選ぶレコードは?

レコードコレクターアプリREVINYLにて展開中のサービス「PERSONAL BUYER」

アーティストや著名人が申込み者の代わりにアナログ・レコードを購入し、届けてくれる、レコードコレクターアプリREVINYLにて展開中のサービス「PERSONAL BUYER」。

これまでゲストバイヤーとしてD.A.N.や水曜日のカンパネラのコムアイ、サカナクションの江島啓一、TOMOMI(SCANDAL)、社長(SOIL&”PIMP”SESSIONS)、SIRUP、Nulbarich(JQ)、GLIM SPANKYらが参加してきたが、新たなバイヤーとしてYouTubeのMV再生回数が100万回を超える“My Girl”などを収録したアルバム『Ghost Notes』を今年リリースしたKan Sanoが登場。
2011年のデビュー以来、国内外の様々なフェスに出演すると同時に精力的に作品をリリース。さらにはChara、UA、平井堅などのライヴやレコーディングに参加するなど、キーボーディスト・プロデューサーとして八面六臂の活躍を見せる彼が選ぶレコードとは……?

Kan Sanoからコメント届いているので紹介。

「PERSONAL BUYER」新たなバイヤーとしてKan Sanoが登場

Kan Sano
「購入してくださったお客さんは、手元に届くまで何のレコードが手に入るのか分からないっていう仕組みなんですね。僕の選んだ作品の中のどれかが当たるっていう。これまでにないサービスなので単純に面白いなと思いました」

なお、PERSONAL BUYERの公式サイトではKan Sanoがどんな音楽を選ぶのか、そのヒントとなるインタビューが紹介されているのでぜひチェックを。

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG