FES

2020年4月、巨大な地下迷宮で新機軸の電子音楽フェスREITEN presents Ensō開催

栃木県宇都宮市の大谷石地下採掘場跡で、2020年4月10日(金)、11日(土)、新たな電子音楽フェス「REITEN presents Ensō」開催決定。

巨大な地下空間に音楽とアートがこだまする!

12月14日(土)、京都の上賀茂神社で現代電子音楽界の巨頭Mark Fell(マーク・フェル)のマルチサウンド・アンビエントライヴを実施する実験的アートプラットフォーム「REITEN」が、2020年に新たなフェスを始動。その名も「REITEN presents Ensō」。

その舞台となるのは、知る人ぞ知る地下巨大空間、栃木県宇都宮市にある大谷石地下採掘場跡……かつて地下軍需工場として戦闘機の製造をしていたこの場所は広さ2万平方メートル。野球場ひとつ丸々入ってしまうほど広大な空間には柱が整然と並び、灯された明かりと柱の影が幾重にも続く、なんとも神秘的な雰囲気が。なお、大谷石採掘を巡る歴史・文化財などは日本遺産にも認定されている。

「REITEN presents Ensō」の舞台となる栃木県宇都宮市・大谷石地下採掘場跡

世界遺産・上賀茂神社に続き、日本遺産の地下迷宮と異色のシチュエーション。しかも、この地下空間を囲む大谷石は素朴で柔らかく温かみがあり、いわゆる一般的な石とは異なる吸音と反響で、ここでしか鳴らない音があるんだとか。

すでに10組以上の出演者が決定しているそうで、いずれも電子音楽界の最高峰ばかり。また、地下だけでなく屋外エリアも用意され、多くのDJが出演。気になるその顔ぶれは2020年1月発表予定。

巨大な地下迷宮で新機軸の電子音楽フェス「REITEN presents Ensō」が開催

地下の巨大空間が音楽とビジュアルアートの実験的ライヴ会場と化す「REITEN presents Ensō」。現在は超早割2日券(¥9,800)が発売中!

チケットはコチラ

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG