FES

開催中止のRAINBOW DISCO CLUB…12時間の動画配信イベント開催決定!

4月18日(土)、「RAINBOW DISCO CLUB」が12時間の動画配信イベント「somewhere under the rainbow!」を開催。

▽あわせて読みたい!“4月に予定していたフェス「RAINBOW DISCO CLUB 2020」の開催中止が決定”の記事はコチラ

RAINBOW DISCO CLUBさながらの動画配信イベント!

12時間の動画配信イベント「somewhere under the rainbow!」①

先日、新型コロナウイルスの影響により開催中止が発表された「RAINBOW DISCO CLUB」が、リベンジとばかりに動画配信イベント「somewhere under the rainbow!」の開催を発表。4月18日(土)の12時から24時まで、12時間に渡って配信される。

出演は、DJ Nobu、Kenji Takimi、Yoshinori Hayashi、Licaxxx、CYK、machìna、Sisiら「RAINBOW DISCO CLUB」おなじみのDJ陣。しかも、今回は「RAINBOW DISCO CLUB」の演出を手掛けたREALROCKDESIGNが撮影を担当し、舞台も「東伊豆クロスカントリーコース」で映像収録とまさに「RAINBOW DISCO CLUB」気分満載、フェスさながら。

12時間の動画配信イベント「somewhere under the rainbow!」②

主催者は今回のイベント開催にあたり、「新型コロナウイルスの影響によって、世界は日々深刻な状況に陥っており、 クラブやパーティー/フェスティバルが閉鎖や中止を余儀なくされ、多くの人が居場所を失っています。その中で自分たちがこの社会やシーンに対してできることはないか?それを考えて今回のイベントを企画いたしました」とコメント。

なお、動画配信イベント「somewhere under the rainbow!」は有料で、電子チケット制ライブ配信サービス「ZAIKO」にてチケット購入可能。3月31日までは早割価格¥1,000。4月1日以降は通常価格¥2,000となっており、購入者は4月18日の配信後、1週間アーカイブを楽しむこともできる。

12時間の動画配信イベント「somewhere under the rainbow!」③

チケットをチェック

OFFICIAL SNS

TAG