CLUB

SAVE THE VISION…渋谷VISIONが営業再開後の資金を募るクラファン開始

渋谷SOUND MUSEUM VISIONがクラウドファンディングをスタート。

SAVE THE VISION…渋谷VISIONを救え!

渋谷SOUND MUSEUM VISIONの様子

新型コロナウイルスの感染拡大により日本全国のクラブが苦境に立たされるなか、渋谷の人気クラブSOUND MUSEUM VISIONが営業再開後の資金を募るクラウドファンディングを開始した。

2011年にオープンした渋谷VISION。以来数多くの海外ゲスト……それこそAriana Grande(アリアナ・グランデ)やDiplo(ディプロ)、A$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)といった世界的アーティストも度々出演。エッジーかつポップ、そしてタイムリーに、絶えずフレッシュなサウンドを提供し多くのファンを獲得。

渋谷SOUND MUSEUM VISIONの様子②

今回クラウドファンディングによって得られた資金は、営業自粛期間中の賃料、光熱費、諸経費、CAMPFIRE決済手数料、リターン諸経費・送料に使用される。

リターンは1000円で【ドリンクチケット2枚】。3000円で【エントランスフリー+ドリンクチケット3枚】。5000円で【track maker Tシャツ】か【TECHNO INVADERS Tシャツ】。6000円で【VISION7周年 × Lazy BOYS Tシャツ】。50万円でVISIONのサウンドシステム、広大なフロアを独り占めできる【STAY at VISION】の権利が得られる。なお、リターンはクラウドファンディング終了後、営業再開目処がたち次第、履行されるとのこと。

みんなで“SAVE THE VISION”!

渋谷SOUND MUSEUM VISIONがクラウドファンディングをスタート

クラウドファンディングをチェック

渋谷SOUND MUSEUM VISIONの様子③

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG