HOT

仮想空間でエンタメ共体験…ヴァーチャルパークシステム「VARP」始動

クリエイティブ集団PARTYがヴァーチャルパークシステム「VARP」の提供を開始。

7月にはヴァーチャルライヴ開催!

クリエイティブ集団PARTYがヴァーチャルパークシステム「VARP」の提供を開始

未来の体験を社会にインストールするクリエイティブ集団PARTYが開発した「VARP」。これは、仮想空間上で世界中の人々がアバターを介して、音楽、ライヴ、映画、アート、イベントなど、あらゆるエンターテイメントの共体験を可能にするヴァーチャルパークシステム。

「VARP」を使うことでオリジナルのヴァーチャルパークを作り、iOS/ Android対応のアプリとして配布可能。ユーザーはその中を自由に動き回り、世界中のユーザーと同時に同じ体験ができるというもの。

ユーザーはその中を自由に動き回り、世界中のユーザーと同時に同じ体験ができる「VARP」

なお、「VARP」は複数のステージ&パピリオンが設置するマルチステージに対応し、音源との距離や方向をリアルタイムに反映するサウンドシステムを搭載。アバターやライヴ演出などはイベントに合わせカスタム可能で、配信も幅広い形態に対応。アーティストの3Dモデリング・モーションキャプチャーも対応し、今後はアプリ内課金による物販機能も搭載予定。

7月にはアーティストとコラボした第一弾企画、ヴァーチャルライヴも開催予定。詳細は6月にアナウンスされる。

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG