CLUB

Let’s Start The Dance Again…渋谷Contactが営業再開に向けクラファンスタート

渋谷ContactがCAMPFIREでクラウドファンディング開始。

あのダンスフロアで再び踊るために…

渋谷Contactが営業再開に向けてクラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの影響により、3月下旬より休業中の渋谷Contact。緊急事態宣言は解除されたものの今後の見通しが立たず、営業再開に向けてクラウドファンディングを開始することに。期間は2020年6月4日(木)から7月7日(金)まで。

なお、今回の資金は休業期間中の赤字補填、CAMPFIRE決済手数料、リターン諸経費・送料、営業再開後の運転資金などに使用される。

リターンには、これまで渋谷Contactでパーティを開催してきたUNDERCOVER、WACKO MARIA、MILD BUNCHの野村訓市氏がデザインしたTシャツなどを用意。

リターンにはUNDERCOVER、WACKO MARIA、MILD BUNCHの野村訓市氏がデザインしたTシャツなどを用意

1000円の「シンプル支援」から、1500円の「アルバイトスタッフ応援」、2000円でContact 2周年記念品であるContact コインケース、Contact 3周年記念品のContact サコッシュ。
そして、5000円は「ドリンクチケット500円×10枚+1枚」。6,000円で「UNDERCOVER × Contact T-Shirt」、「Wacko Maria × Contact T-Shirt」、「Kunichi Nomura × Contact T-Shirt」(各200人まで)。
1万円で「ドリンクチケット500円×20枚+2枚」。5万円で「1 Year Free Pass(1年間フリーパス1人分)」。10万円で「1 Year Free Pass for 2(1年間フリーパス2人分)」となっている。

2016年のオープン以来、ダンスミュージックの真の楽しさを提供し、日本のみならず世界中のファンを魅了し続けてきたContact。また再び、Contactのダンスフロアで心の底から踊れる日がくるよう、ぜひとも支援を。

クラウドファンディングをチェック

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG