MUSIC

いつでもどこでも楽しめる、オンライン・ライヴハウスLIVEWIREが7月始動!

スペースシャワーが有料課金型ライヴ配信サービス「LIVEWIRE」をスタート。

スペシャが贈るコロナ禍の新たな音楽体験!

スペースシャワーが有料課金型ライヴ配信サービス「LIVEWIRE」をスタート

音楽専門チャンネルやレーベル、配信ディストリビューション、アーティストマネジメント、さらにはライヴハウスや野外フェスなど様々な事業を展開するスペースシャワーがポストコロナ時代に贈る新たな音楽体験、有料課金型ライヴ配信サービス / オンライン・ライヴハウス「LIVEWIRE」を7月にスタートする。

そこではインディーズ〜メジャー問わず、スペースシャワー独自の視点でラインナップをキュレーション。ライヴの企画・制作・撮影・配信からグッズなどの販売までまるっと提供。また、スペースシャワーが持つ各メディアと連動し、様々なプロモーションを行なうことでアーティストのライヴ活動もサポート。ゆくゆくはアジア圏の音楽ファンをターゲットにグローバル展開を目指し、国内アーティストの海外展開もサポートするとのこと。

「LIVEWIRE」の記念すべき第一弾ラインナップにカネコアヤノやSuchmos、PUNPEEなど

そんな「LIVEWIRE」の記念すべき第一弾ラインナップはすでに決定しており、7月5日(日)のこけら落とし公演にはカネコアヤノが登場。その後もSuchmos、銀杏BOYZ、PUNPEE、中村佳穂、くるりがラインナップ。

スペースシャワーの新たな試み、オンライン・ライヴハウス「LIVEWIRE」に要注目!

「LIVEWIRE」ではスペースシャワー独自の視点でラインナップをキュレーション

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG