FES

SOIL&”PIMP”SESSIONSや踊ってばかりの国など参戦! 「SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL」の最終ラインナップ&タイムテーブル決定

オンラインフェス「SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL」の最終ラインナップ&タイムテーブルが発表!

▽あわせて読みたい!“オンラインフェス「SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL」、第二弾ラインナップに渋さ知らズやthe band apartなど計11組決定”の記事はコチラ

海外からも複数のアクトが決定

2020年7月4日(土)に開催される都市型ミュージック&カルチャーフェスティバル「SYNCHRONICITY」初のオンラインフェス「SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL」。その最終ラインナップとタイムテーブルが発表!

最終ラインナップとして発表されたのは、日本を代表するジャズインストバンドSOIL&”PIMP”SESSIONSやTRI4TH、踊ってばかりの国、DENIMS、TAMTAM、SPENSRといった国内アーティストに加え、UDDやLeo王、Charlie Lim、GDJYB、TYNT、Safe Planetら海外アーティスト、そしてライブペインティングのGravityfreeを含めた計13組。

また最終ラインナップの発表とともにタイムテーブルも公開。
TSUTAYA O-EASTでは渋さ知らズオーケストラからスタートし、the band apartがトリを務め、Shinjuku MARZでは西恵利香のライブを皮切りにステレオガールがトリを飾る。

TSUTAYA O-EASTステージ

Shinjuku MARZステージ

2020年7月4日(土)に開催される「SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL」のタイムテーブル

なお当日は、「FUTURE TALK SESSION」として様々なクロストークが行われ、MCとしてフェスティバルライフの編集長であり国内外のフェスを渡り歩くフェスジャーナリストの津田昌太朗氏が決定。ゲストには、当日出演するバンドCHAIや一般社団法人渋谷未来デザイン事務局次長の長田新子氏、野外フェス頂の制作などに携わる南部雄亮氏が出演。
さらに、アウトドアシューズブランドKEENのYouTube番組「KEENSTREAM」が、『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』へ出張ライブストリーミングを行い、ゲストにRyu MatsuyamaからドラマーのJackson氏が出演する予定となっているのでこちらもお見逃しなく。

当日は、アーティストの出演料やフェスの開催費などに充てる投げ銭も募る予定なのでぜひご協力を。

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG