HOT

話題のラッパー、声優、バーチャルシンガーら参加…“シズマヌキボウ”プロジェクト

Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」のスピンオフプロジェクト“シズマヌキボウ”とは?

話題のアーティストらによるオリジナル楽曲も!

Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」のスピンオフプロジェクト“シズマヌキボウ”

現在Netflixで配信中の湯浅政明監督が手掛けるオリジナルアニメ「日本沈没2020」。そのスピンオフプロジェクト“シズマヌキボウ”がスタート。これは、過酷な状況においても前を向くことを忘れない本編の登場人物にインスピレーションを受け、様々な未来への希望を「音楽」や「言葉」や「画像」でアーカイブしていくプロジェクト。

発端となったのは、湯浅政明監督作品において常に重要なパートを担い、本編でも描かれているラップの掛け合い。各キャラクターがそれぞれの思いを吐き出すようにラップし、未来のために前を向く印象的なシーンとなっているが、今回のプロジェクトでは、シンガー、ラッパー、声優、バーチャルシンガーが参加し、オリジナル楽曲“シズマヌキボウ”を制作。
参加したのは、注目のシンガーソングライターの向井太一にラッパー:Daichi Yamamoto。そして、本編にも参加している今最もホットな人気声優:小野賢章がラップに初挑戦。さらには、話題のバーチャルシンガー花譜と今後より一層の活躍が期待される4組。彼らが「日本沈没2020」とリンクし、未来への希望を繋ぐ。

オリジナルアニメ「日本沈没2020」のスピンオフプロジェクト“シズマヌキボウ”を手掛ける湯浅政明監督

そんな“シズマヌキボウ”のMV公開と合わせて近日中にはソーシャル企画、本編のラップ監修を務めたKEN THE 390を起点にSNS上でラップリレーを行なう「#キボウのマイクリレー」もスタート。さらには、大切な風景やかけがえのない瞬間を今一度考えるべく、未来に残したい日本の写真や画像を投稿するSNS投稿キャンペーン「#キボウの風景」も行なわれる。

KEN THE 390を起点にSNS上でラップリレーを行なう「#キボウのマイクリレー」

SNS投稿キャンペーン「#キボウの風景」

オリジナルアニメ「日本沈没2020」は現在Netflixで配信中

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG