FES

9月に予定されていたSUPERSONICが2021年に開催延期

9月に東京&大阪で開催を予定していた「SUPERSONIC」が延期。

▽あわせて読みたい!“9月に開催される「SUPERSONIC 2020」関連”の記事はコチラ

来年も同じ場所、同時期の開催に向けて…

9月に東京&大阪で開催を予定していた「SUPERSONIC」が延期。

東京は9月19日(土)、20日(日)、21日(月・祝)、大阪は9月19日(土)、20日(日)に行われる予定だった「SUPERSONIC」が、新型コロナウイルスの影響で海外アーティスト来日の見通しが立たず、さらにはここ数週間で国内外の感染が拡大していることもあり、安全を考慮し開催が困難と判断。2021年に開催延期となることが発表された。

延期日程は会場側との調整の上、改めて案内するとのこと。
また、チケットは来年の開催も有効。払い戻しも可(払い戻し方法は近日案内)。

主催のクリエイティブマン代表:清水直樹氏は公式サイトでコメントを発表しており、「来年の開催も同じ場所、同時期での実現に向けて交渉に入ります。ここまで当日プレイする気持ちを維持してくれたアーティスト、これから発表しようというタイミングを待っていてくれたアーティストには引き続き来年にも出てもらえるように頼みます」という嬉しい言葉に加え、「これからもサマーソニックの映像配信のように、今できる事を発信しながら、来たるライヴのある生活に向けて精進して行きます。世の中に溢れている素晴らしい曲を、生のアーティストを、その場で観れる日に向けて。もう少しの辛抱です」と熱い思いを綴っている。

Skrillex(スクリレックス)にKYGO(カイゴ)、Don Diablo(ドン・ディアブロ)、Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)、THE 1975やFATBOY SLIM(ファットボーイ・スリム)、POST MALONE(ポスト・マローン)、BLACK EYED PEAS(ブラック・アイド・ピーズ)ら豪華ラインナップだっただけに非常に残念だが、来年を楽しみに待とう!

オフィシャルサイトをチェックS

OFFICIAL SNS

TAG