FES

標高1600mの絶景の中で音楽を楽しむ…ハイライフ八ヶ岳、9月12日(土)~13日(日)開催!

2020年9月12日(土)~13日(日)、山梨・サンメドウズ清里で「ハイライフ八ヶ岳」開催。

新型コロナウイルス対策を行い絶景音楽フェス開催!

八ヶ岳の標高1600mで開催される絶景音楽フェス「ハイライフ八ヶ岳」。コロナ禍で多くのフェスが延期・中止となるなか、地元地域の理解と行政からの後援や協力が整い、2020年も開催されることに。

舞台となる山梨・サンメドウズ清里は、富士山から南アルプス、秩父連峰までを望む360度の大パノラマが望める最高の環境の中、極上の音楽が楽しめる。今年のラインナップは、数多くのフェスで活躍するROVOやclammbon、さらには人気バンドOvall。そして加藤登紀子、Polaris、キセル、NakamuraEmi、勝井祐二“八ヶ岳”セッション、MONO NO AWARE、yonawo、Newspeak、大宮エリー、おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)、辻コースケ、HONEBONE、ermhoi、Auto&mst、tsukuyomi、泉邦宏。その他トークショーもあり。

2020年9月12日(土)~13日(日)に山梨・サンメドウズ清里で開催される野外フェス「ハイライフ八ヶ岳」

また、「ハイライフ八ヶ岳」はナチュラル・キャンプが楽しめ、例年は清里&八ヶ岳の豊かな地域の美味しい食事、ワークショップやアクティビティも充実しているが、そのあたり詳細は公式サイトをチェック。

なお、新型コロナウイルス感染症予防対策について「コロナ時代のフェスのお作法」として公式サイトで注意喚起しているので、参加者は一読を。

現在、オフィシャルサイトにて各種チケット絶賛発売中!

オフィシャルサイトをチェック

OFFICIAL SNS

TAG