HOT

今年のテーマは“CHILL/AMBIENT”。日本最大級のトラックメイク/ビートメイク大会「Beat Grand Prix」開催

日本最大級のトラックメイク/ビートメイクの大会「Beat Grand Prix」が、今年はチルアウトをテーマにオンラインにて開催!

8月28日(金)まで予選エントリーの受付を募集中!

今年のテーマは “CHILL/AMBIENT”

DJ機材専門店として名高いOTAIRECORDによる、日本最大級のトラックメイク/ビートメイクの大会「Beat Grand Prix」が、今年はオンライン大会「BEAT GRAND PRIX CHILL/AMBIENT 2020」として開催。2020年8月28日(金)まで予選エントリーの受付が募集されている。

DJやトラックメイカーにとっては、もはや毎年恒例行事ともなりつつある、ビートメイカーがスキルやセンス、テクニックを競う「Beat Grand Prix」。1対1形式でビートメイカーが2曲ずつトラックを掛け合い、オリジナリティや完成度、ミキシング、マスタリングなどを競争し、優勝者には賞金と楽曲制作機材を贈呈。これまで、OWLBEATS やSTUTS、Sweet William、illmore、Junes K、Qunimune、Ava1ancheなど、国内の様々なビートメイカー/プロデューサーが多数出場してきた日本最大級の大会だ。

日本最大級のトラックメイク/ビートメイクの大会「Beat Grand Prix」が、今年はチルアウトをテーマにオンラインにて開催

「BEAT GRAND PRIX CHILL/AMBIENT 2020」にHiroshi Watanabe aka KaitoやKaoru Inoueなどが審査員として参加

今年は、新型コロナウイルスの影響によりオンラインにて開催。さらに、今年はCHILL(チル)/ AMBIENT(アンビエント)にフォーカスした異例のコンセプトにて行われ、出場者はチルアウト系の楽曲制作にて競い合うこととなる。
今年の審査員には、Hiroshi Watanabe aka KaitoやKaoru Inoueといった著名プロデューサーや、J-HipHopシーンをリードするバンドWONKのリーダー荒田 洸などがラインナップ。

結果発表は2020年の秋を予定しており、発表当日は日本全体で「CHILL OUT DAY」と題し、結果発表の内容に加え、作りこまれた美しい映像が様々なメディアで配信されるとのこと。

エントリー期限は8月28日(金)までとなっているので応募はお早めに!

応募する

OFFICIAL SNS

TAG